“風の道草”

 
~ ~ ~ 風の道草 ~ ~ ~
 ( 横浜 )         Message board     



Windows Live Spaces より移行、修正が必要な状態ですが出来ていません。
Starting is “Windows Live Spaces”. My blog is imperfect condition.
**
「スパム・コメント保留」は、確認することなく削除致します!
The spam comment is deleted without confirming the content

『 スパム・コメントに分類されない方法でコメントください 』
Please comment so that it is not deleted. Welcome to My Blog. Thank you!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_51.html


カテゴリー: 17-ゲーム | コメントする

「朝比奈・大龍勢(ロケット花火)」・静岡県 2014年10月18日

**
※-朝比奈・大龍勢(ロケット花火)」・静岡県 2014年10月18日

20141018_竜勢

10月18日、NHK website-:「龍勢」とよばれる手作りの大きな花火を住民が打ち上げる、伝統の「朝比奈大龍勢」の祭りが静岡県藤枝市で行われました。

この祭りは2年に一度、藤枝市を流れる朝比奈川周辺の地域で行われています。

「龍勢」と呼ばれる花火は、火薬や落下傘を詰めた筒の下に竹の尾がついていて、全長は20メートルほどにもなります。

呼出し」と呼ばれる人が花火への思いを読み上げてから一発一発打ち上げていきました。

龍勢はすべて住民の手作りで戦国時代ののろしが起源と言われています。

大きな音とともに300メートルくらいまで上がると、落下傘が開いて赤色や黄色など色とりどりの煙を出しながらゆっくりと地上に戻ってきます

*-*

カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 | 1件のコメント

西之島・噴火前の約8倍に拡大 2014年10月17日

**
※- 西之島噴火前の約8倍に拡大 2014年10月17日

10月17日、NHK website ー: 去年11月に噴火が始まった小笠原諸島・西之島の面積が噴火前の8.6倍へと拡大した。

小笠原諸島の父島の西およそ130キロにある西之島は、去年(2013年)11月に南東側の海底で噴火が始まり、その後、新しくできた陸地が元の島と陸続きになって拡大が続いています。

10月16日、海上保安庁が航空機で上空から観測したところ、9月新たに確認された島の中央部の火口から褐色の噴煙が上がり、溶岩や噴石が1分間に5、6回程度噴き出している様子が確認されました。

また流れ出した溶岩によって、島はおよそ1か月前の調査と比べて北側に250メートルほど広がり、「溶岩原」と呼ばれる平地が形成されつつあるということです。

現在の島の大きさは東西に1550メートル南北に1700メートルと、面積は噴火前の島の8.6倍ほどになり、およそ1か月前と比べても1.2倍に広がりました。

海上保安庁では「火山活動は引き続き活発で、周辺を航行する船は今後の活動に十分に注意する必要がある」と話しています

*-*

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

エボラ患者に『ファビピラビル』の早期投与を 2014年10月17日

**
※- エボラ患者に『ファビピラビル』の早期投与を 2014年10月17日

10月17日、website -: エボラ出血熱の治療薬として、各国で活用が広がる富士フイルムグループの富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬ファビピラビル」。

富山化学工業とファビピラビルの共同研究に取り組んだ白木公康富山大大学院医学薬学研究部教授は、エボラ出血熱の患者の治療について「早期投与が大切だ生存率に大きく影響する」と強調した。

白木教授によると、エボラウイルスに感染した場合、2~21日の潜伏期間を経て頭痛、嘔吐(おうと)、出血などの症状が現れる。感染から6日経過すると、体内のウイルス量が増加し、発熱や肝機能障害が起きるという。

エボラウイルスに感染させたマウスを使った実験では、感染から6日後にファビピラビルを投与した場合、8日経過しても5匹全てのマウスが生き残った。

一方、感染から8日後に投与したマウスは、症状に改善傾向がみられたものの、生存率は0%だった。

白木教授はマウスと人間の病態は異なるとした上で「人間の場合は遅くとも、発熱が始まった日からの投与開始が望ましい」と推測する。

ファビピラビルは錠剤のため、へき地でも服用しやすいことや、耐性ウイルスができにくいというメリットも指摘。

エボラ出血熱に感染し、ファビピラビルを含め複数の薬を投与されたフランス人女性看護師が回復しており「一例一例の積み重ねで有効性が評価され、世界の医療に貢献できれば喜ばしい」と話した。

(経済部・湯浅晶子)

≪ 細胞内増殖を阻止 ≫

ファビピラビルは、これまでのインフルエンザ治療薬とは異なる作用メカニズムを持つ。

ウイルスが細胞に入り込むと、感染した細胞内で1万個以上に増殖する。増殖したウイルスは細胞外に放出され、他の細胞にも感染を広げる。

タミフルなどの既存薬は、増殖したウイルスが細胞外に放出されるのを防いで感染拡大を抑制するのに対し、ファビピラビルはウイルスの細胞内増殖を直接阻止することができる。

ウイルスが細胞内で複製を作る際に必要とする酵素「RNAポリメラーゼ」を阻害する働きがあるためだ。

効果にばらつきはあるものの、エボラ出血熱やラッサ熱といったインフルエンザと同タイプの「RNAウイルス」に、効果が期待されるという

『 ファビピラビル 』

富山化学工業が富山事業所(富山市下奥井)で、抗ウイルス剤の研究によって見いだした化合物。

開発番号T-705、商品名アビガン錠200ミリグラム。

インフルエンザ治療薬として、ことし3月に日本国内で製造販売承認を取得した。

エボラ出血熱の治療薬としては、富士フイルムの提携先の米製薬企業メディベクターが、米食品医薬品局(FDA)と協議の上、治験に向けた準備を進めている。

フランス政府とギニア政府も、11月からギニアで臨床実験を検討している。

- 北日本新聞社 -

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - | 2件のコメント

中国:1~9月の対日貿易赤字は1兆1000億円 2014年10月14日

**
※- 中国:1~9月の対日貿易赤字は1兆1000億円
 2014年10月14日

10月14日、中国:中国税関総署の報道官は記者会見で、今年1~9月までの対日貿易赤字が634億元(約1兆1089億円)だと明らかにした。- 新華社 –

1~9月までの輸出と輸入を合わせた日本との貿易総額は、0.4%増の1兆4300億元(約25兆122億円)だった。

日本向け輸出は0.6%増の6845億元(約11兆9711億円)、日本からの輸入は0.2%増の7479億元(13兆742億円)だった。

税関総署の報道官は「日本との貿易では一定の変動状況が現れている」とした上で、「両国間の貿易が安定的に成長し、貿易関係の改善傾向が強固なものとなることを心から期待している」と述べた

*-*

カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝, 13- website - | 1件のコメント

北海道新幹線車両・函館港で陸揚げ 2014年10月13日

**
※- 北海道新幹線車両・函館港で陸揚げ 2014年10月13日

20141013_北海道・新幹線
10月13日、NHK website -:2016年03
に開業を予定している北海道新幹線の車両が13日朝、函館市に運ばれました。

北海道新幹線の車両は、13日午前6時半すぎに船で函館港に到着し、車体と台車に分けられた状態の2両が、大型クレーンで陸揚げされました。

この車両は、JR北海道が北海道新幹線専用として40両を発注したH5系で、兵庫県の工場で製造されました。

車体には、東北新幹線でも使われている緑と白の2色を基調に、ラベンダーなど北海道の花の色をイメージした紫色のラインがあしらわれています。

港には大勢の人が訪れ、初めてお目見えした新幹線をビデオや写真に収めていました

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント