“風の道草”

       ~ ~ ~ 風の道草 ~ ~ ~

 ( 横浜 )         Message board     

Windows Live Spaces より移行、修正が必要な状態ですが出来ていません。
Starting is “Windows Live Spaces”. My blog is imperfect condition.
**
「スパム・コメント保留」は、確認することなく削除致します!
The spam comment is deleted without confirming the content
『 スパム・コメントに分類されない方法でコメントください 』
Please comment so that it is not deleted. Welcome to My Blog. Thank you!
**
※-
フランスTVも注目「日本の『特捜検察』問題」
2012年05月07日
日本語の字幕が出ます
文字が小さいです、初めから「全面画面」で視てください

読売新聞社・正力松太郎CIAのエージェント(スパイ)だった。

日本語字幕に関して、日本の「大手・新聞」 や 「テレビ局」が報道しない理由を的確に述べています。

Let’s go !  Heated discussion 阿修羅・掲示板
*-*
司法の堕落!最高裁判事・国民審査で全員「 × 」しましょう!
※- がんばれ 小沢! まけるな 一郎!


TPP密室交渉の知られざる」 : TPPのリーク・テキストを入手した、米国の市民団体「パブリック・シチズン( ラルフ・ネーダー氏が設立 )」のロリ・ウォラック女史が出演


ジョン・レノン :世界は狂人によって支配されている
ジョンが話している意味とは ⇒ ここから


目覚めた・アメリカ兵!

戦争に行ったアメリカ兵の告発!

元アメリカ 国家安全保障局員 の 内部告発!

3.11大震災は、米国 と イスラエルの裏権力が 『 核兵器 』 を使った

福島県 元双葉町長・井戸川克隆氏 の 街頭演説
政府や東電は、3.11大地震を 3月03日 には知っていた


平成26年・都知事選 『48%の怪!』・東京都の選管は共犯!?
平成26年「東京都知事選挙」、各市や各区で『舛添氏』の得票は『猪瀬前知事』が獲得した票の48%で一致する怪!?


カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

「ブラックバス」駆除に電気ショック 2014年04月23日

**
※- 「ブラックバス」駆除に電気ショック 2014年04月23日

4月23日、宮城県栗原市では、外来魚の「ブラックバス」などに電気ショックを与えて駆除している ・・・ とか。

地元の環境保全団体がブラックバスなど外来魚の駆除を5年前から電気ショックを与える方法を取り入れて成果を挙げています。

船に乗った団体の職員が2本の電極を水中に入れ、ゆっくり走りながら300ボルトの電気を流すと、気絶したブラックバスやブルーギルが水面に浮かび、網ですくい上げます。

本格的な外来魚の駆除が始まって10年余りになります。

最近では、フナやモツゴ、エビ類などの在来種がかなり増えてきているという。

外来魚の駆除は、ふ化した稚魚をすくい取る方法などを組み合わせて6月いっぱいまで続く

*-*

カテゴリー: 05-◎・Weblog, 13- website - | 1件のコメント

「日米安全保障条約と国連憲章」 生活の党代表・小沢一郎

**
※- 『自衛権と自然権』 生活の党代表・小沢一郎

生活の党・小沢一郎 党内定期公演 2014年04月07日

動画のタイトルをここに入力します


日本国憲法 国連憲章 日米安全保障条約三位一体

日本と世界の平和を実現する

≪ 自衛権は自然権として、どの国も持っている ≫

日本国憲法では、自衛権についての明確な規定がありません。

それ故、新たに加えようという議論もありますが、他国を見ても憲法で自衛権について明記しているものは殆どありません。

これは、自衛権は自然権として憲法を越えて国際的に認められているものであり、敢えて明記する必要が無いからです。

自衛権については、国連憲章・第51条でもハッキリ認めており、日本も個別的・集団的を問わず自衛権を自然権として保持し、これを行使できると考えられます。

**
※- 『日本国憲法・第9条と自衛権』 生活の党代表・小沢一郎

「日本の安全に直接関係しない場合は、自衛権は行使できない」 生活の党代表・小沢一郎

**
では、無制限に自衛権を行使出来るかと言えば、そんな事はありません。

日本には憲法第9条があります。

これに則り判断すると 急迫不正の侵害が日本にあった時、即ち日本が直接攻撃を受けた時と、

もう一つは、周辺事態法にいう、放置すれば我が国が攻撃を受ける可能性がある等の日本の安全が脅かされる場合、この2点に限って日本は自衛権を行使できると解釈できます。

一方、日本国憲法・第9条では「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇、又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」としています。

したがって、上記 以外の場合、つまり日本の安全に直接関係の無い国際紛争を解決する手段として、自衛権を行使してはいけないというのが憲法弟9条の考えです。

尚、政府は集団的自衛権について、特定の事例を想定して限定的に容認する方法を考えていると言います。

しかし、戦争と言う特殊な状態における事を今から個別の事態として想定し、限定出来るとは到底思えませんので、この議論は全く意味を成していません。

ですから、現行の日本国憲法下では、日本と直接関係の無い国際紛争に集団的自衛権の名の下で武力行使を含めた行動をとる事は許されないという原則を明確にし、共通認識としておくべきです


**
※- 「国際紛争は国連指揮下で」生活の党代表・小沢一郎

「国際紛争を解決する為の行動は国連指揮下で」 生活の党代表・小沢一郎

それでは、日本は自国の事だけを考え、国際平和に協力しないのかと言う反論があります。

そんな事はありません。

日本国憲法前文では、国際社会の一員として国際平和に努める事が高らかに謳われており、日本が国際連合に加盟する時も、あらゆる手段を持って国際平和に協力する事を国際的に宣言しています。

具体的には、日本が直接攻撃を受けたものではない国際紛争については、国連の決定に従い国連の行動に日本が参加する事で、世界平和を維持していくと言うのが、日本国憲法の理念です

**
※- 「日米安全保障条約と国連憲章」 生活の党代表・小沢一郎

「日米安全保障条約と国連憲章は表裏一体の関係」生活の党代表・小沢一郎

そうすると今度は、日米同盟と国連中心主義は矛盾すると言う人がいます。

しかし、日米安全保障条約・第5条には、加盟国による自衛権の行使は国連が必要な処置をとるまでの暫定的な性格のものである事が記されています。

これは国連憲章・第51条と表裏一体の関係といえます。

つまり、日本が他国から攻撃された場合、国連が何らかの行動をとるまでの間、タイムラグが生じます。

その間は、日米安全保障条約に基づき、日米が共同して反撃して日本を守る。

しかし、ひとたび国連で何らかの決定が下された場合は、日米ともに、その決定に従って行動するというのが日米安全保障条約・第5章です。

このように、日本国憲法国連憲章日米安全保障条約は何ら矛盾するものではなく、論理的に明快そのものです

ですから、これらが三位一体となって、日本の安全保障と国際平和を維持していくべきと私は思います - 小沢一郎

**
生活の党・機関紙 2014年04月 第12号

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済 | 3件のコメント

「国際紛争は国連指揮下で」生活の党代表・小沢一郎

**
※- 『自衛権と自然権』 生活の党代表・小沢一郎

生活の党・小沢一郎 党内定期公演 2014年04月07日

日本国憲法 国連憲章 日米安全保障条約三位一体

日本と世界の平和を実現する

≪ 自衛権は自然権として、どの国も持っている ≫

日本国憲法では、自衛権についての明確な規定がありません。

それ故、新たに加えようという議論もありますが、他国を見ても憲法で自衛権について明記しているものは殆どありません。

これは、自衛権は自然権として憲法を越えて国際的に認められているものであり、敢えて明記する必要が無いからです。

自衛権については、国連憲章・第51条でもハッキリ認めており、日本も個別的・集団的を問わず自衛権を自然権として保持し、これを行使できると考えられます。

**
※- 『日本国憲法・第9条と自衛権』 生活の党代表・小沢一郎

「日本の安全に直接関係しない場合は、自衛権は行使できない」 生活の党代表・小沢一郎

**
では、無制限に自衛権を行使出来るかと言えば、そんな事はありません。

日本には憲法第9条があります。

これに則り判断すると 急迫不正の侵害が日本にあった時、即ち日本が直接攻撃を受けた時と、

もう一つは、周辺事態法にいう、放置すれば我が国が攻撃を受ける可能性がある等の日本の安全が脅かされる場合、この2点に限って日本は自衛権を行使できると解釈できます。

一方、日本国憲法・第9条では「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇、又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」としています。

したがって、上記 以外の場合、つまり日本の安全に直接関係の無い国際紛争を解決する手段として、自衛権を行使してはいけないというのが憲法弟9条の考えです。

尚、政府は集団的自衛権について、特定の事例を想定して限定的に容認する方法を考えていると言います。

しかし、戦争と言う特殊な状態における事を今から個別の事態として想定し、限定出来るとは到底思えませんので、この議論は全く意味を成していません。

ですから、現行の日本国憲法下では、日本と直接関係の無い国際紛争に集団的自衛権の名の下で武力行使を含めた行動をとる事は許されないという原則を明確にし、共通認識としておくべきです

 

**
※- 「国際紛争は国連指揮下で」生活の党代表・小沢一郎

「国際紛争を解決する為の行動は国連指揮下で」 生活の党代表・小沢一郎

それでは、日本は自国の事だけを考え、国際平和に協力しないのかと言う反論があります。

そんな事はありません。

日本国憲法前文では、国際社会の一員として国際平和に努める事が高らかに謳われており、日本が国際連合に加盟する時も、あらゆる手段を持って国際平和に協力する事を国際的に宣言しています。

具体的には、日本が直接攻撃を受けたものではない国際紛争については、国連の決定に従い国連の行動に日本が参加する事で、世界平和を維持していくと言うのが、日本国憲法の理念です

・・・ つづく

**
生活の党・機関紙 2014年04月 第12号

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済 | コメントする

豚がPED感染・千葉県 2014年04月22日

**
※- 豚がPED感染・千葉県 2014年04月22日

4月22日、豚の伝染病、PED=豚・流行性下痢について、感染予防を呼びかけている千葉県の施設でも研究用に飼育している豚が感染していた。

千葉県によりますと、八街市にある県の畜産総合研究センターで20日、研究開発用に飼育している=633頭の豚のうち209頭の子豚に下痢やおう吐の症状が出ました。

詳しく検査したところ、いずれもPEDに感染していたことが分かり、千葉県は、この施設から豚の移動を停止する措置を取りました。

千葉県内では、先月下旬から県北東部の養豚場を中心にPEDの感染が相次いで確認されている。

4月21日までに、県内=24の養豚場で1万1000頭以上が感染し、およそ=1600頭が死んでいます

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント

『自衛権と自然権』 生活の党代表・小沢一郎

**
※- 『自衛権と自然権』 生活の党代表・小沢一郎

生活の党・小沢一郎 党内定期公演 2014年04月07日


日本国憲法 国連憲章 日米安全保障条約三位一体

日本と世界の平和を実現する

≪ 自衛権は自然権として、どの国も持っている ≫

日本国憲法では、自衛権についての明確な規定がありません。

それ故、新たに加えようという議論もありますが、他国を見ても憲法で自衛権について明記しているものは殆どありません。

これは、自衛権は自然権として憲法を越えて国際的に認められているものであり、敢えて明記する必要が無いからです。

自衛権については、国連憲章・第51条でもハッキリ認めており、日本も個別的・集団的を問わず自衛権を自然権として保持し、これを行使できると考えられます。

**
※- 『日本国憲法・第9条と自衛権』 生活の党代表・小沢一郎

「日本の安全に直接関係しない場合は、自衛権は行使できない」 生活の党代表・小沢一郎

**
では、無制限に自衛権を行使出来るかと言えば、そんな事はありません。

日本には憲法第9条があります。

これに則り判断すると 急迫不正の侵害が日本にあった時、即ち日本が直接攻撃を受けた時と、

もう一つは、周辺事態法にいう、放置すれば我が国が攻撃を受ける可能性がある等の日本の安全が脅かされる場合、この2点に限って日本は自衛権を行使できると解釈できます。

一方、日本国憲法・第9条では「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇、又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」としています。

したがって、上記 以外の場合、つまり日本の安全に直接関係の無い国際紛争を解決する手段として、自衛権を行使してはいけないというのが憲法弟9条の考えです。

尚、政府は集団的自衛権について、特定の事例を想定して限定的に容認する方法を考えていると言います。

しかし、戦争と言う特殊な状態における事を今から個別の事態として想定し、限定出来るとは到底思えませんので、この議論は全く意味を成していません。

ですから、現行の日本国憲法下では、日本と直接関係の無い国際紛争に集団的自衛権の名の下で武力行使を含めた行動をとる事は許されないという原則を明確にし、共通認識としておくべきです

・・・ つづく

**
生活の党・機関紙 2014年04月 第12号

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済 | 1件のコメント