“風の道草”

 
~ ~ ~ 風の道草 ~ ~ ~
 ( 横浜 )         Message board     



Windows Live Spaces より移行、修正が必要な状態ですが出来ていません。
Starting is “Windows Live Spaces”. My blog is imperfect condition.
**
「スパム・コメント保留」は、確認することなく削除致します!
The spam comment is deleted without confirming the content

『 スパム・コメントに分類されない方法でコメントください 』
Please comment so that it is not deleted. Welcome to My Blog. Thank you!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_51.html


カテゴリー: 17-ゲーム | コメントする

神秘の球体・マリモ:阿寒湖の奇跡 2014年08月20日

**
※- 神秘の球体・マリモ:阿寒湖の奇跡 2014年08月20日

thum_01

8月20日、国の特別天然記念物「マリモ」は「世界でもここ阿寒湖だけ」・・・とか、不思議な丸い藻の群れがある。

実はこのマリモには、世界の科学者が解明できない謎がある。

マリモはなぜ丸いのか?」。

マリモは一本一本の細い藻が無数に集まり、丸くなる。

しかし「球」という形は、内部に光が届かず、十分に光合成することができないという、生物学上「ありえないもの」なのだ。

この謎を解明するため、釧路市マリモ研究室の若菜勇さん(56)による本格調査が始まった。

見えてきたのは、阿寒の「火山」「風」「森」が絶妙に繋がってできる球化のメカニズム。

さらに長期取材によって、丸い体を巧みに利用し集団で外敵に打ち勝つ生存術や、自らを犠牲にして後世に命を繋ぐ“世代交代術”など、「球体」は、一本の脆弱な藻が過酷な自然界を生き抜く中で辿りついた「進化の最終形」であることも見えてきた。

番組では、ふだん立ち入りが禁止されている阿寒湖のマリモ群生地で特別の許可を得て、複数の水中固定カメラを設置。

知られざるマリモの生態を初めてとらえる。

さらに、マリモを育む阿寒一帯の美しい自然を1年にわたって撮影、その奥深さに多角的に迫るとともに、可愛らしい丸い形に秘められた“神秘”をひも解いていく

**
NHKスペシャル 2014年8月24日(日)午後9時00分~9時49分

私は、テレビが無いので視れません

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント

秋の虫が鳴き始めた 2014年08月18日

**
※- 秋の虫が鳴き始めた 2014年08月18日

8月18日、秋の虫が鳴き始めました。

ブログ日記を見ると、8月20日ごろから鳴き始めるようだ。

今、鳴いているのは多分、コオロギだと思います?(種類は?)。

リズム良く鳴いていますが、今のところ一匹だけのようです。

気温にもよりますが、11月の始めごろまで秋の協演が続くでしょう

*-*

カテゴリー: 05-◎・Weblog | 1件のコメント

終戦から69年 2014年08月15日

**
※- 終戦から69年 2014年08月15日

20140815-

およそ310万人の戦没者を慰霊する政府主催の全国戦没者追悼式が、東京の日本武道館で行われました。

式典には全国の遺族の代表などおよそ6000人が参列しました。

天皇陛下 : 「さきの大戦においてかけがえのない命を失った数多くの人々と、その遺族を思い深い悲しみを新たにいたします。

歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と、おことばを述べられました

*-*

カテゴリー: 05-◎・Weblog | 1件のコメント

4月-6月期のGDP:年率換算マイナス6.8% 2014年08月14日

**
※- 4月-6月期のGDP:年率換算マイナス 6.8% 2014年08月14日

2014年、今年の4月から6月までのGDP(国内総生産)は、前の3ヶ月間と比べ実質でマイナス1.7%、年率に換算してマイナス 6.8%

今回のGDPは、個人消費をはじめとする内需、かつて日本経済を引っ張って来た輸出ともマイナス

**
個人消費は都心と地方で二極化

個人消費は、消費増税の駆け込み需要の反動で5%のマイナスとなり、比較可能な平成6年の4月以降、最大の落ち込みとなった。

大都市圏とそれ以外の地域で消費回復のスピードが二極化している。

同じデパートでも地方では、大都市と比べて所得が増えている人が少ない為、季節品である衣料品の需要が改善していない事が主な要因にっている。

売り上げが比較的堅調なのは食料品売り場で、改装やテナントなどを呼び込むことで、売り上げ回復を図って行く計画 ・・・ とか

**
増えない輸出:日本経済の構造的変化

今回のGDPでは、輸出が前の3か月間と比べて0.4%減少し、3期ぶりのマイナス。

日銀も先週、開いた金融政策決定会合で、日本の輸出の現状について、これまで「横ばい圏内の動き」としていた判断を、「弱めの動きとなっている」と下向きに改めた。

円安のもとでも期待していたほどには増えない輸出、企業が生産拠点を海外に移す動きをはじめとする日本経済の構造的な変化が要因の1つだ

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済 | 1件のコメント

福島原発事故直後・原子炉破損でウラン飛散か 2014年08月19日

**
※- 福島原発事故直後・原子炉破損でウラン飛散か 2014年08月19日

8月10日、東京電力・福島第一原子力発電所の事故が起きた直後に、茨城県内で採取された大気中のチリから、ウランのほか原子炉内の構造物の素材が検出された。

分析に当たった研究グループは、早い段階から大規模な原子炉の破損が進んでいたことを裏付ける結果だとして、さらに分析を進めることにしています。

**
私見:
なぜ、事故から3年5ヶ月も過ぎてから発表するのか、よく解りませんね!

**
東京理科大学の中井泉教授らの研究グループは、福島第一原発の事故直後の3月14日の夜から翌朝にかけて原発から130キロ離れた茨城県つくば市で採取した大気中のチリを兵庫県にある大型の放射光施設「スプリング8」で分析しました。

その結果、放射性セシウムのほか、ウランや燃料棒の素材のジルコニウム、圧力容器の素材の鉄など、核燃料や原子炉内の構造物と一致する物質が検出された。

これらのチリは、直径2マイクロメートルほどのボール状をしていて、高温で溶けたあと外部に放出されるなどして急に冷えた場合の特徴を示していた。

福島・第一原発では、事故発生からチリが採取された14日の夜までの間に核燃料のメルトダウンが進み、1号機と3号機が相次いで水素爆発していた。

研究グループでは、早い段階から大規模な原子炉の破損が進んでいたことを裏付ける結果だとして、今後もさらにチリの分析を進めることにしています

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント