“風の道草”

 
~ ~ ~ 風の道草 ~ ~ ~
 ( 横浜 )         Message board     



Windows Live Spaces より移行、修正が必要な状態ですが出来ていません。
Starting is “Windows Live Spaces”. My blog is imperfect condition.
**
「スパム・コメント保留」は、確認することなく削除致します!
The spam comment is deleted without confirming the content

『 スパム・コメントに分類されない方法でコメントください 』
Please comment so that it is not deleted. Welcome to My Blog. Thank you!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_51.html


カテゴリー: 17-ゲーム | コメントする

エボラ出血熱・感染拡大の経緯 2014年10月27日

**
※- エボラ出血熱・感染拡大の経緯 2014年10月27日

10月27日、NHK website ー:西アフリカを中心に感染拡大が続く今回のエボラ出血熱の流行は、去年12月、ギニア南東部の村に住む2歳の女の子から、親族や治療に当たった医療関係者へとウイルスが感染したのが始まりとされています。

当初は、エボラ出血熱と分からず、WHO=世界保健機関が感染を確認し、警戒を呼びかけたのはことし3月でした。

最初の発表での感染者数は49人。

しかし、感染者は、その後、ギニアだけでなく隣国リベリアとシエラレオネに広がり、飛躍的に増えていきます。

7月中旬には、患者の数は3か国合わせて1000人を超え、WHOは3か国以外にも広がるおそれがあるとして、8月8日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。

同じ時期に、周辺国のナイジェリアやセネガルでも感染者が確認されるなど、アフリカ諸国の間で感染拡大への懸念が一段と強まり、一部の航空会社はリベリアなど3か国への運航を取りやめました。

こうした事態を受けて、アメリカが軍の派遣を決めるなど、各国は感染の拡大を防ぐための支援を強化していきますが、エボラウイルスの感染はアメリカとヨーロッパの先進国にも広がっています。

先月、アメリカではテキサス州ダラスで滞在中のリベリア人男性がエボラ出血熱を発症し、治療を受けたものの、10月上旬に死亡しました。

その後、この男性の治療に関わっていた看護師2人が、エボラウイルスに二次感染したことも明らかになりました。

また、スペインでも、同じような二次感染が明らかになり、各国では、エボラ出血熱の患者が出た場合に医療機関内での感染をどう防ぐのかが大きな課題となっています。

エボラウイルスの感染拡大の勢いは収まらず、10月25日現在、感染者数は=1万141人、死者の数は4922人となっています

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント

鮭(さけ)の伝統漁法・「居繰網漁」 2014年10月25日

**
※- 鮭(さけ)の伝統漁法「居繰網漁」 2014年10月25日
20141025_iguri

10月25日、NHK website ー:新潟県村上市で、特産の鮭を取る伝統の「居繰網漁(いぐりあみりょう)」が始まりました。

村上市を流れる三面川の居繰網漁は江戸時代から続く伝統の漁法で、秋の風物詩となっています。

「居繰網漁」は、2そうの舟の間に渡した網の中に鮭を追い込み、手際よく網を操って取る漁法で、25日、晴天の下、ことし初めての漁が行われました。

漁師たちは見事な網さばきで体長70センチほどに育った鮭を次々と取っていました。

「居繰網漁」は高齢化で漁師が減るなか、なんとか後継者を育て伝えていこうと、今年から保存会を作って活動を始めているということです。

漁師たちは「ことしは例年になく鮭がたくさんいます。豊漁です」と話していました。

居繰網漁は来月末まで行われ、地元の漁協ではこの漁法を含め、三面川ではことしは去年より8000匹多いおよそ5万匹の鮭の水揚げを期待しています

*-*

カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 | 1件のコメント

正倉院(奈良県):3年ぶりの公開 2014年10月25日

**
※- 正倉院(奈良県):3年ぶりの公開 2014年10月25日

20141025_

10月25日、website ー:約100年ぶりの大修理を終えた奈良市の国宝・正倉院で25日、2011年以来の一般公開が始まった。

午前中から多くの入場者が訪れ、平成の正倉院の姿を間近に眺めた。

秋晴れの中、午前10時の公開開始と同時に、待ちわびた約50人が正倉院東側の門から入場、静かに見入って外観をカメラに収めていた。

正倉院は1913年に解体修理。傷みが進んだため2011年に修理を始め、一般公開を休止していた

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント

「風伝おろし」・三重県御浜町 2014年10月24日

**
※- 「風伝おろし」・三重県御浜町 2014年10月24日

20141024_風伝おろし
10月24日、NHK website ー:三重県南部の御浜町で、峠から霧が滝のように流れ落ち、地元で「風伝おろし」と呼ばれる現象が見られました。

三重県の御浜町と熊野市の境にある標高247メートルの風伝峠では、峠を挟んで熊野市側の盆地と海岸沿いの御浜町との間で、気温の差が大きいときなどに峠から霧が滝のように流れ落ちる現象が見られ、地元では峠の名前にちなんで「風伝おろし」と呼ばれています。

24日朝の冷え込みで盆地で発生した霧が、午前5時ごろには、すでに雪をかぶったように峠を覆っていました。

そして、日が昇り気温が上がるにつれ、霧がふもとに向かって滝のように流れ落ちていくのが見られました。

24日朝は「風伝おろし」をカメラに収めようという写真愛好家も訪れ、緑豊かな集落に流れ込む朝日を浴びた幻想的な霧に、目を奪われながらシャッターを切っていました。

「風伝おろし」は、気象条件が整えば、12月ごろまで見ることができるということです

*-*

カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 | 1件のコメント

「朝比奈・大龍勢(ロケット花火)」・静岡県 2014年10月18日

**
※-朝比奈・大龍勢(ロケット花火)」・静岡県 2014年10月18日

20141018_竜勢

10月18日、NHK website-:「龍勢」とよばれる手作りの大きな花火を住民が打ち上げる、伝統の「朝比奈大龍勢」の祭りが静岡県藤枝市で行われました。

この祭りは2年に一度、藤枝市を流れる朝比奈川周辺の地域で行われています。

「龍勢」と呼ばれる花火は、火薬や落下傘を詰めた筒の下に竹の尾がついていて、全長は20メートルほどにもなります。

呼出し」と呼ばれる人が花火への思いを読み上げてから一発一発打ち上げていきました。

龍勢はすべて住民の手作りで戦国時代ののろしが起源と言われています。

大きな音とともに300メートルくらいまで上がると、落下傘が開いて赤色や黄色など色とりどりの煙を出しながらゆっくりと地上に戻ってきます

*-*

カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 | 1件のコメント