“風の道草”

 
~ ~ ~ 風の道草 ~ ~ ~
 ( 横浜 )         Message board     



Windows Live Spaces より移行、修正が必要な状態ですが出来ていません。
Starting is “Windows Live Spaces”. My blog is imperfect condition.
**
「スパム・コメント保留」は、確認することなく削除致します!
The spam comment is deleted without confirming the content

『 スパム・コメントに分類されない方法でコメントください 』
Please comment so that it is not deleted. Welcome to My Blog. Thank you!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201405/article_51.html


カテゴリー: 17-ゲーム | コメントする

福島第一原発4号機の核燃料の取り出し終わる 2014年12月20日

**
※- 福島第一原発4号機の核燃料の取り出し終わる 2014年12月20日

12月20日、NHK website ー:東京電力福島第一原子力発電所4号機で去年(2013年)から行われていた燃料プールに保管されている核燃料の取り出しが、20日で全て終わった。

廃炉に向けて一歩前進ですが、メルトダウンした1号機から3号機の取り出しは高い放射線量などが障害となっていて、今後も難しい作業が続くことになります

**
20日行われた4号機の燃料プールからの核燃料の取り出しは、報道機関に公開されました。

危険性の高い使用済み核燃料1331体と、未使用の核燃料204体のうち200体の取り出しを19日までに終え、20日は残る4体の取り出しが行われました。

作業は水中で行われ、燃料が納められた5メートル余りの「キャスク」と呼ばれる輸送用の容器がクレーンでゆっくりとつり上げられ、作業台の上に置かれました。

このあとキャスクの表面を除染し、6号機の原子炉建屋まで運んで燃料をプールに移し替えると、すべての作業が完了するということです。

福島第一原発の小野明所長は「廃炉の工程を一歩進めることができて感慨深い。作業はまだまだ続くので気を緩めずにしっかりやっていきたい」と話しました。

福島第一原発の中で、核燃料がすべて取り出されたのは4号機が初めてで、廃炉に向けて一歩前進となります。

しかし、メルトダウンした1号機から3号機は、高い放射線量などが障害となっていて、今後も難しい作業が続くことになります

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント

地震予想・激しい揺れの確率 2014年12月19日

**
※- 地震予想・激しい揺れの確率 2014年12月19日

12月19日、NHK website -:政府の地震調査委員会は、地震で震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率を示した全国地図の今年度版を公表しました

最新の研究成果を盛り込んだ結果、関東の各地では昨年度に比べて確率が高くなりました。

**
政府の地震調査委員会は、全国各地の活断層や巨大地震などに関する研究成果に基づき、将来、地震で激しい揺れに襲われる確率を地域ごとに推計し、「全国地震動予測地図」として毎年公表しています。

過去に巨大地震が繰り返し起きている太平洋側や、日本最大級の活断層「糸魚川‐静岡構造線断層帯」の周辺などで確率が高いのが特徴です。

今年度版の予測によりますと、今後30年以内に震度6弱以上の激しい揺れに襲われる確率は、

高知市=70%、
北海道東部の根室市=68%、
静岡市=66%、
大阪市=45%、
名古屋市=43%
などとなっています。

また、今年度は関東平野の直下にあるプレートと呼ばれる岩盤どうしの境目が従来考えられていたより浅いという最新の研究成果が盛り込まれた結果、関東の各地では昨年度より数ポイントから20ポイントほど確率が高くなりました。

< 関東・各地の確率 >

横浜市=78%(+12)
千葉市=73%(+ 6)
水戸市=70%(+ 8)
さいたま市=51%(+21)
東京の都心=46%(+20)
などとなっています。

地震調査委員会の本蔵義守委員長は、「確率の高い地域では、できるだけ早く建物の耐震化や家具の固定などの対策を着実に進めてほしい。

確率の低い地域も日本以外の国と比べると相当に高い確率であり、地震の被害を『わがこと』と捉えて備えてほしい」と話しています。

「全国地震動予測地図」の最新版は、地震調査研究推進

本部のホームページ

http://jishin.go.jp/main/

*-*

カテゴリー: 13- website - | 1件のコメント

『衆議院・議員選挙』自・公326議席獲得 2014年12月15日

**
※- 『衆議院・議員選挙』自・公326議席獲得 2014年12月15日

12月15日、NHK website ー:第47回衆議院選挙は、14日投票が行われ、自民・公明両党は、法案の再可決や、憲法改正の発議に必要な、全議席の3分の2を上回る326議席を獲得して圧勝した。

安倍総理大臣は、引き続き、経済や外交・安全保障など、幅広い政策課題に全力で取り組む考えを示しました。

一方、民主党は、選挙前を上回る73議席を獲得しましたが、海江田代表は議席を失い、代表を辞任する考えを示しました。

**
第47回衆議院選挙は、14日投票が行われて即日開票され、小選挙区、比例代表を合わせた475の全議席が決まりました。

自民党は、追加公認した1人を含めると、小選挙区で223議席、比例代表で68議席の合わせて291議席

民主党は、小選挙区で38議席、比例代表で35議席の合わせて73議席

維新の党は、小選挙区で11議席、比例代表で30議席の合わせて41議席

公明党は、小選挙区で9議席、比例代表で26議席の合わせて35議席、次世代の党は、小選挙区で2議席、比例代表は議席を確保できませんでした。

共産党は、小選挙区で1議席、比例代表で20議席の合わせて21議席、

生活の党は、小選挙区で2議席、比例代表は議席を確保できませんでした。

社民党は、小選挙区で1議席、比例代表で1議席の合わせて2議席でした。

新党改革は議席を確保できませんでした。

また、無所属は、自民党が追加公認した1人を除いて、小選挙区で8人が当選しました。

自民党は、前回より3議席減ったものの、小選挙区では、追加公認を含めると、全体の4分の3を上回る223議席を獲得し、比例代表は、前回より11議席増えました。

公明党は、衆議院に現在の小選挙区比例代表並立制が導入されてから、最も多い35議席を獲得し、選挙前より4議席増えました。

この結果、自民・公明両党を合わせた獲得議席は、追加公認を含めると326議席で、法案の再可決や、憲法改正の発議に必要な、3分の2の317議席を上回り、前回・2年前の選挙の325議席を上回る圧勝でした。

安倍総理大臣は、NHKの開票速報番組で、

「まず、経済最優先で取り組んでいく。それと同時に、地球儀をふかんする戦略的な外交を進めるなかで、日本の地位を高め、国益を守り、経済外交も展開していきたい。同時に、切れ目のない安全保障の法整備、国民の命と幸せな暮らしを守るための安全保障法制を、次の通常国会でしっかりと成立させ、整備していきたい」と述べ、経済や外交・安全保障など幅広い政策課題に引き続き全力で取り組む考えを示しました。

一方、民主党は、選挙前より11議席増えましたが、海江田代表が、小選挙区の東京1区で議席を確保できず、重複立候補した比例代表の東京ブロックでも惜敗率で及ばず、議席を失いました。

海江田代表は、NHKの取材に対し、「きょう記者会見して、民主党代表を辞任することを表明する。党のために頑張ってきたが、みずからの議席を確保できなかったので、代表を辞任する」と述べました。

維新の党は、選挙前から1議席減りました。

共産党は、沖縄1区で前議員が当選し、小選挙区では平成8年の衆議院選挙以来、18年ぶりに議席を獲得したほか、比例代表で大幅に議席を伸ばし、選挙前の2倍以上に増えました。

これによって、共産党は、衆議院で単独で法案を提出することができるようになりました。

次世代の党は、選挙前の19議席から大きく議席を減らしました。

生活の党は、選挙前は5議席でしたが、小選挙区の2議席にとどまりました。

社民党は、選挙前と同じ2議席でした

NHK 選挙 ・ 第47回 衆議院 議員選挙 マップ

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - | 1件のコメント

「今年の漢字」は「税」 2014年12月12日

**
※- 「今年の漢字」「税」 2014年12月12日

20141213_今年の漢字

12月12日、NHK website ー:今年、1年の世相を漢字一文字で表す「今年の漢字」が京都の清水寺で発表され、消費税の増税が話題になったことなどを理由に「税」という字が選ばれました。

「今年の漢字」は、京都に本部がある日本漢字能力検定協会がその年の世相を表す漢字一文字を一般から募集し、最も多かった字が選ばれます。ことしは16万通余りの応募の中から「税」という字が選ばれました。

協会によりますと、消費税率が引き上げられたことや、税金の有効な使い方を決める側の国会議員や県議会議員の“政治とカネ”の問題が数多く取り上げられるなど、税金について考えさせられる出来事が多かったことを理由に挙げています。

京都市東山区の清水寺では「清水の舞台」と呼ばれる本堂で森清範貫主が立てかけられた大きな和紙に「税」の字を一気に書き上げました。

協会によりますと、2番目に多かったのは、ソチオリンピックなどで数多くの熱戦が繰り広げられたことや、デング熱やエボラ出血熱に世間が騒然としたことなどを理由に「熱」の字が、また3番目は「嘘」の字が選ばれました。

≪ 多くの国民の目が税に厳しく ≫

「今年の漢字」に「税」という字が選ばれたことについて、清水寺の森清範貫主は「『税』という字になるとは想像もしていませんでした。

多くの国民の目が、税金に対して厳しくなった結果だと思っています。

来年は、ひつじ年ですが、羊という字はおめでたいことを表す『祥』という字とつながっているので、めでたく無事な1年になることを期待します」と話していました。

「税の字を見て納得」

「今年の漢字」に「税」が選ばれたことについて、清水寺を訪れた大阪の60代の女性は「字を見て納得しました。

消費税の増税が多くの人たちの意識に残ったのだと思います」と話していました。

また、京都の60代の男性は「私は災害が多かったので『災』という字だと思っていました。

税金を巡って選挙が行われるくらいですから、税金の使いみちを、もっとみんなで考えなければいけないのだと思います」と話していました。

兵庫から来た20代の女性は「『税』という字は意外でした。

来年はもっと夢がある字が選ばれるような年になってほしいです」と話していました。

20年の「漢字」を展示

今回は、「今年の漢字」を発表するようになって20回目を迎えたことを記念し、境内には森貫主が書き上げた20の漢字が一堂に展示されています。

第1回目の平成7年は、その年の1月に発生した阪神・淡路大震災などを理由に、「」という字が選ばれました。

唯一、2回選ばれた文字は「」で、シドニーオリンピックがあった平成12年と、山中伸弥さんのノーベル賞受賞などがあったおととしに選ばれています。

また、東日本大震災が起きた3年前には多数の応募が集まった「」という字が選ばれています

*-*

カテゴリー: 13- website -, 21季節の栞 | 1件のコメント

NYダウ 300ドル超値下がり 2014年12月12日

**
※- NYダウ 300ドル超値下がり 2014年12月12日

12月12日、NHK website -: ニューヨーク株式市場は、この日も原油市場で先物価格が急落し、エネルギー企業の業績への懸念が強まったことなどから、売り注文が加速し、ダウ平均株価=300ドルを超える大幅な値下がりとなりました。

12日のニューヨーク株式市場は、この日、国際的なエネルギー機関が原油の需要見通しを引き下げたことを受けて、原油先物価格が急落したため、エネルギー企業の業績が悪化することへの懸念が強まりました。

さらに、中国の経済指標が市場の予想に届かなかったこともあって、売り注文が加速し、ダウ平均株価は結局、前日より315ドル51セント安い、1万7280ドル83セントで取り引きを終えました。

ダウ平均株価は先週は連日のように最高値を更新し、1万8000ドルに迫る水準まで値上がりしましたが、今週は原油価格に引きずられる形で700ドル近く値を下げました

市場関係者は、「原油価格がどこまで値下がりするか予測しにくくなっているため、投資家の間に不安が広がっている。当面の利益を確保するための売り注文も出たため下げ幅が拡大した」と話しています

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - | 1件のコメント