軍事産業

**

こんにちは My Spaceようこそ 風の道草です

*-*

Blog ( 軍事産業 )

アメリカは 多くの軍事工場を 持っている。

その事が、戦争を 招いている事は 否めない。

そもそも、10年ぐらい 戦争が無ければ、軍事工場は 兵器で在庫の山になるし、新しい兵器が 次々に開発されるから 10年も経てば 時代遅れの武器に 成りかねない。

この様な状態になれば、何が起こるか? 軍事産業を 継続して行く為にも、戦争が 起きると言っても 過言じゃ 無いと 自分は思います。

極端な事を言うと、アメリカの軍事産業が何らかの方向性を見出せない限り、戦争が無くなる日は遠い様に思う。

兵器を造っているのは勿論、アメリカだけではない。

多くの先進国は大量の武器を輸出しながら平和を語っている。

勿論、武器が戦争をする訳ではない。 武器を持った人間が紛争を起こす。

人類発生から、こんにちまで、戦いの繰り返しである。

世界の情報が瞬時に分かる世の中に成った、こんにち、人間の何処が変わったと言えるのでしょうか ・・・

        訪問 ありがとう ございました

 

  2005年 1月24日 景趣

      

広告
カテゴリー: 03-☆・ここから読む パーマリンク

軍事産業 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ≪ Page Guide ・ 総 目次≫ | “風の道草”

  2. mikio より:

    同感ですね。商品は使わないと在庫はたまるだけで売れないだけでなく、開発費や労働者を養う賃金も支払えなくなりますからね。人を養うために、人殺しを合理化する必要が出てくる?怖い話ですね。大昔は直接人食い人種がいましたが、間接的なそれと等しい行為ですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中