外国人労働者

**

こんにちは My Spaceようこそ 風の道草 です

←カテゴリ [ MySpace の提言 道草 してくださいね~

*-*

 ひと言( 外国人労働者受け入れ )

将来、多くの外国人労働者を受け入れなければ、日本はやって行けないと言う、果たして、そうだろうか?

何を持って労働者が足りないと言うのか?

そこには国策なるビジョンが無い、この様な考えが、いかにも理に適った事と思っている人達が多くいる、それもよく名前が知られた人達である。

彼らの頭には、知恵が無いのかと、自分は言いたい。

国政の失敗で少子化問題を招いた事は、しいては、国民の責任である。

それを補う為に、外国から労働者を入れる考えは、能が無い、知恵が無い、人の言う事と思う。

そもそも、人口を見たら中国は13億人もいる訳ですから、到底日本の戦える相手ではない。

しかし、果たして、そう言えるのか。

人口が少なくなったら、其れなりの政策転換があって然るべきではないか。

人口が少なくても、豊かに生活している国が世界にはある、人口のみが、経済の発展、文化の発展で あるが如く考えるのは、貧しい考えでしかないと思う。

知恵を出しなさい、知恵を。経済成長して来た日本の姿は、何だったのか?

本当に、日本国民は充実した豊かな生活をしていますか ・ ・ ・ ?

*-*

皆さんも、NHK-TV番組で視たと思いますが、イギリスも労働者不足を南アフリカに求め、多くの問題を起こしている。

イギリスは多くの看護婦や医者を南アフリカに求めた結果、南アフリカでは医者と看護婦不足が問題に成っている。

なぜ、イギリスが南アフリカに労働力を求めたかと言うと、イギリス連邦に属していたので、イギリスの統治が永かった事、宗教や言葉(英語)が共通である点が、一番の理由と成っている。

資本主義経済、そのままの行いである、札束で誘惑してイギリスに連れて来るのである。

何と身勝手な、それが資本主義の成れの果て現象と言えるでしょう。

この事は、イギリスだけでなく、多くのヨーロッパ諸国、石油産油国など、国が豊かな地域で起きている。

日本も、国政の失敗の帳尻を、諸外国に求めようとしている。

確かに、フィリピンなどの国は、外貨獲得の為に、その多くを外国での就労で稼いでいる。

だからと言って、日本が自国の都合だけで、外国に労働者を求めていいものかと自分は問いたい。

フィリピンの人達だって、国内で働く場が出来れば 国内に残るようになる。

日本が外国人労働者を入れるなら、日本人と同じ環境と賃金を保証すべきです、また、一時帰国制度も必要に成るでしょう。

そう行った、諸々の配慮が出来ないままで、受け入れるべきでないと思います。

国民も受け入れを認めるなら、それなりの リスクや トラブルを覚悟すべきです。

単に、資本家の言うなり法律が、通る事が無い様に注意を払いたいものです。

民主主義政治に於いて、国政の失敗は選挙民である国民が負う責任があります、安易な考えで、諸外国に国政の失敗の付けを回せば、知恵もないし、恥じと言えるでしょう。

その様な事に成る前に、政党はビジョンを国民に示すべきです、そのビジョンが外国人労働者を受け入れる案であっても、後は、国民の選択に委ねればいい。

現在、日本で多くの外国人が働いている。

特に、東南アジアや中国の人達は日本人が嫌いである。

彼らの本音を聞いてください、彼らは仕方なく日本で働いている、自国に仕事があれば、彼らは日本など来ない、彼らの殆んどが そう言っていることです。

その主な理由は、日本人は差別を持って彼らを見ると言う、彼らの多くはそう言っている。

その事を日本人が自覚しないまま、彼らを受け入れても、そう上手くはいかないでしょう、その事は、働く彼らも同じように感じているでしょう。

外国人労働者の受け入れが、口で言うほど簡単な問題ではないと思う。

余りにも短絡的な考えが、資本家の集まりから流れてくる、そこには必ず、経済の専門家を取り込んだ動きがある事を 注意したいものです。

経済評論家なる彼らが、バブル経済が弾けた時、誰か責任を感じ謝罪しましたか? 

あの当時、大学教授で経済を教えていた人、マスコミに引っ張り凧の経済評論家、みんな知らん振りです。

だから、責任を取らない彼らの言う事は聞くに値しない、彼らが言っている事は過去の事でしかない。

改革なる言葉の魔術に掛かってはいけません、耳障りの良い言葉には注意を払いましょう、その裏側で見えない集団が画策しているからです。

 

郵政問題も然りである、 

 

 2005年 2月12日 景趣

      

            

広告
カテゴリー: 03-☆・ここから読む パーマリンク

外国人労働者 への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ≪ Page Guide ・ 総 目次≫ | “風の道草”

  2. 道草” より:

    777zxc7 さん  こんにちは ”風の道草”です書き込み ありがとう ございます 自分は 余り本を読みませんので、当然ながら 司馬遼太郎氏の本を読んでいると思いますが覚えていません、それ程、文学には興味関心が無いみたいです。

  3. Unknown より:

     ずいぶんつまらないことになったものです。 私どもは、現在の文明のにない手としては、ほとんど近似値まで行っているように思います。たとえば、自由であること。日本社会は自由ですね。かといって、自由を世界に売りだすほどに(文明のにない手は、文明の押しつけてでもあります)タフな自由ではありません。 たとえば、さきにふれました労働市場の自由性につてです。仮に他国に自由をおしつけるからには、自らも自由でなければなりません。”どうぞご自由に、すきなように日本にいらしてください、そして永住して働いてください、一定のゆるやかな基準によって日本国民になることができます”というふうなレベルには、私どもは達していないのです。   司馬遼太郎著・・・春灯雑記より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中