皇太子誕生日会見

○ – 多くの blog に 書かれるでしょうから要点のみ写します

こんにちは My Space ようこそ 風の道草 です

*-*

皇太子・誕生日会見で、自ら本に書かれた「子供」 と言う タイトルの詩を朗読紹介した 本。

ドロシー・ ロー・ ノルト 書 ( アメリカの家庭教育学者 )

子供 」 と 言う詩で、スウェーデンの中学教科書から

*———————————————*

批判ばかりされた 子供は、非難する事を覚える

殴られて大きくなった 子供は、力に頼る事を覚える

笑いものにされた 子供は、物を言わずにいる事を覚える

皮肉にさらされた 子供は、鈍い良心の持ち主と なる

しかし、激励を受けた 子供は、自信覚える

寛容に出会った 子供は、忍耐を覚える

賞賛を受けた 子供は、評価する事を覚える

フェアプレーを経験した 子供は、公平を覚える

友情を知る 子供は、親切を覚える

安心を経験した 子供は、信頼を覚える

可愛がられ抱きしめられた 子供は、世界中の愛情

感じ取る事を覚える

*———————————————*

この様な言葉は、実践教育を通して、教育研究の資料分析から得られた体験から発せられた、「 詩 」である事を、実感する事が出来る。

同時に、その言葉の意図する事が、著者の願いとして感じ取れる。

この言葉は子供の親は勿論ですが、どちらかと言うと、現代社会の嘆かわしさに、訴えた言葉と言えるのでは・・・。

 

 2005年 2月24日 景趣

                  

広告
カテゴリー: 02-☆☆・ オアシス パーマリンク

皇太子誕生日会見 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ≪ Page Guide ・ 総 目次≫ | “風の道草”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中