中国輸出が伸びる

*

こんにちは My Space へ ようこそ 風の道草 です 

 
 
*-*
Blog・( 中国への輸出が伸びる )
 
財務省が発表した、10月の貿易統計によりますと、中国向け輸出額が過去最高を記録した、しかし、中国からの輸入も昨年同月期に比べ 30%増えている。
 
中国向け輸出額は、8319億円と、前年同月比で12.8%増となった。その内訳は、日本から現地工場向けに自動車部品の輸出が好調だった事などがあげられる。
 
中国以外の国へも含めて、輸出額から輸入額を差し引いた輸出超過額( 貿易黒字 )は、前年-同月比、28.8%減で 7カ月連続の減少となった。
 
そこには、原油価格の高止まりの影響が、直にでいて輸入額の伸びが輸出額の伸びを上回ったとしている。
 
文末に、web-記事を貼りますが、何せ、日本経済のけん引役であった電化製品の製造が中国に進出した事が、中国との貿易赤字額を大きくしているといえるでしょう。
 
これらの製品は日本国内で生産すべきです!! 例えば、パソコンの生産は利益率が悪いかもしれませんが、現に、日本国内生産を外国企業である、HPが行なっているし、多くのダイレクト販売会社が国内で雇用を支えて頑張っているではないですか。
 
国内で販売する製品ぐらい、国内生産出来る筈です、グローバル化の下に海外進出した日本の企業は、日本に輸出して来るなと言いたい。
 
まあ、私はその様な企業の製品は買いませんがね!!
 
My Space は、あくまでも Made in Japan を、せめて・半分買おうよ!! であります。 この趣旨は変わりません。
 
*-*
web news – nikkei
 
日本から中国への輸出の伸びが2ケタ増となるのは8月から3カ月連続。1月に2ケタの伸びを記録したあとはマイナスと1ケタ増だったが、5月に底を打ち、回復が続いている。自動車部品が39.6%増えたほか、石油タンク造成向けなどの鉄鋼(20%増)、液晶パネルなどの音響・映像機器部品(32.8%増)の輸出が好調だった。

 中国からの輸入では携帯電話やカメラを中心に音響・映像機器部品が27.9%増、ノートパソコンなども14.6%増えた。輸出が好調だったものの輸入額も過去最高の9月に次ぐ2番目の高水準だったため、対中貿易赤字は、前年同月比、約三割増えている。

*-*
 
 2005年11月24日 景趣
     
 
カテゴリー: 07-ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中