中国の抗議で撤回

*
こんにちは My Space へ ようこそ 風の道草です
 
*-*

☆・中国の抗議で撤回:100兆円不良債権 ( web news 15日 )

中国政府の圧力の下に、国際的な大手会計事務所「アーンスト・アンド・ヤング」は、同社が今月初めに公表した中国の不良債権に関する報告を「撤回する」と発表した。

報告は中国の銀行セクターが抱える不良債権を「9110億ドル(約100兆円)」とする大胆な分析を行い、金融関係者の注目を集めていたが、中国当局の猛烈な抗議を受け、ひざを屈した形と言える。

*-*
同社が12日に発表した声明は、問題となった今月3日付の報告について、「通常の内部的なチェックと承認を経ないまま公表された。誤った内容であり、撤回する」と説明。そのうえで、中国の銀行セクターが抱える不良債権を「約1330億ドル(約14兆6000億円)」とした中国側の公式発表について、「損失に関する客観的な根拠に基づく会計基準と、監査のもとで算定された」と全面的なお墨付きを与えた。

声明は末尾でも「誤った報告が発表されたことをおわびし、報告に記載された誤解を招く見解を深く遺憾とする」と繰り返し、”白旗” を掲げた。

巨額な不良債権を指摘した同社の報告に対して、中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は8日、「中国の銀行業界の資産状況を激しく歪曲(わいきょく)し、多くの金融機関の会計監査に符合しない荒唐無稽(むけい)な内容」とする激しい批判声明を発表していた。

アーンスト・アンド・ヤングは、中国方面では香港、マカオのほか、北京など本土の7都市で事業を展開している。中国当局と同社やりとりは公表されていないが、当初の分析を貫いた場合、同社の中国業務に重大な影響が出ていた可能性は否定できない

*-*

 
 2006年 5月16日 ”風の道草”
     
広告
カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中