聖書 律法と信仰

**
※- 聖書  律法 と 信仰  -※                 route
===========================================

  
 
  ※- すべての人を罪の下(もと)に 閉じ込めたのである。  -※
  ※- キリストに連れて行く養育掛となったのである。       -※
  ===============================================
  ☆- ガラテア人への手紙 第 3章22節~24節
 
  -22 しかし、 約束が、 信じる人々に イエス・キリストに対する信仰によって
       与えられるる為に、 聖書は すべての人を罪の下(もと)に 閉じ込めたのである。
                                 =============================================
  -23 しかし、 信仰が現れる前には、 私たちは律法の下で 監視されており、
       やがて啓示される 信仰の時まで 閉じ込められていた。
 
  -24 このようにして律法は、 信仰によって義とされるために、 私たちを 
       キリストに連れて行く養育掛となったのである。
       
————————————
  
  
  ※- わたしは道であり、 真理であり、 命である。 -※
 ===============================
  ※- ヨハネによる福音書 第14章 6節
 
  – 4 「・・・ わたしが何処へ行くのか、 その道はあなた方に分かっている」。
 
  – 5 トマスはイエスに言った、 「主よ、 どこにおいでになるのか、 私達には分か
      りません。 どうしてその道がわかるでしょう」。
 
  – 6 イエスは彼らに言われた、 「わたしは道であり、 真理であり、 命である。  
                                          ==================================  
       誰でも わたしによらないでは、 父のみもとに行く事が出来ない。      
 
  – 7 もし あなたがたが わたしを知っていたならば、 わたしの父をも知ったで
      あろう。 しかし、 今は父を知っており、 また既に父を見たのである」。   
 
 
  ※- 大切な戒め (いましめ) -※
  =========================
  ※- マタイによる福音書 第22章35節
 
  -35 そして彼らの中の一人の律法学者が、 イエスをためそうとして質問した、
 
  -36 「先生、 律法の中で、 どの戒めが一番大切なのですか」。
 
  -37 イエスは言われた、「『
心をつくし、 精神をつくし、 思いをつくして、
      
      主なるあなたの 神を愛せよ
』。 〓 ( ※- 神を愛するとは -※ )
                            ========           =================== 
                                          ( ※- ヨハネの第一の手紙 5- 3。)
 
                                  – 3 神を愛するとは、 即ち、 その戒めを守る
                                      =============           ———— 
                                      ことである。 そして、 その戒めは 難しい
                                      ものではない。
 
                                  – 4 なぜなら、 全て神から生まれた者は、   
                                      世に勝つからである。 そして、 私たちの
                                      信仰こそ、 世に勝たしめた勝利の力である。
 
                                  – 5 世に勝つ者は誰か。 イエスを神の子と
                                      信じる者ではないか。
                                  *—————————————–*
 
  -38 これが一番大切な、 戒めである。
 
  -39 第二もこれと同様である、 『自分を愛するように あなたの隣り人を
      愛せよ』。  
      
  -40 これらの 二つの戒めに、 律法全体と預言者とが、 かかっている」。
       
  
  
  ※- 愛は律法を完成するもの  -※
  ===========================
  ☆- ローマ人への手紙 第13章 9節
 
  – 9 「姦淫するな、 殺すな、 盗むな、 むさぼるな」 など、 そのほかに、    
      
     どんな戒めがあっても、 結局 「
自分を愛するようにあなたの隣り人を
    
       愛せよ
」 と言うこの言葉に帰する。
    
  
  -10 愛は隣り人に害を加える事はない。 だから、
愛は律法を完成するもの
      である
。                                                  ====================
    =====
  
  
  ※- 最も哀(あわ)れむべき存在となる。 -※
  ==================================
  ☆- コリントへの第一の手紙 第15章14節 ~ 56節
 
  -14 もし キリストがよみがえらなかったとしたら、 私達の宣教はむなしく、
    
      あなたがたの信仰もまたむなしい。
    
  
  -15 すると、 私達は神にそむく偽証人にさえなるわけだ。なぜなら、 万一死人が
      よみがえらないとしたら、 私達は 神が実際よみがえらせなかったはずの  
      キリストを、 よみがえらせたと言って、 神に反する証を立てた事に成るからで
      ある。
 
  -16 もし死人が蘇(よみがえ)らないなら、 キリストも蘇らなかったであろう。   
 
  -17 もし キリストが蘇らなかったとすれば、 あなたがたの信仰は空虚なものと 
      なり、 あなたがたは、 いまなお罪の中にいることになろう。
 
  -18 そうだとすると、 キリストにあって眠った者達は、 滅んでしまったのである。
 
  -19 もし私達が、 この世の生活で キリストにあって単なる望みを抱いて要る
      だけだとすれば、 私達は、 全ての人の中で 最も哀れむべき存在となる。  
                                                                =====================  
 ::
 ::
 ※- 初穂として、 死人の中から蘇(よみがえ)ったのである -※
 ================================================
 ☆- コリントへの第一の手紙 第15章20節  ( *-コリント弐  3-17。)
 
  -20 しかし、 事実、 キリストは眠っている者の 初穂として、 死人の中から
  
      蘇ったのである。
  
  
  -21 それは、 死人が一人の人によって来たのだから、 死人の復活もまた、
      一人の人によって来なければならない。
 
  -22 アダムにあって全ての人が死んでいるのと同じように、 キリストにあって
      全ての人が生かされるのである。
 
  -23 ただ、 各自はそれぞれの順序に従わねばならない。 最初はキリスト、 次に、 
      主の来臨に際してキリストに属する者たち、
 
  -24 それから終末となって、 その時に、 キリストは全ての君たち、 すべての権威
      と権力を打ち滅ぼして、 国を父なる神に渡されるのである。
 
  -25 なぜなら、 キリストはあらゆる敵をその足元に置く時までは、 支配を続ける
      事になっているからである。
 ::
 ::
 ※- 最後の敵として滅ぼされるのが、 死である -※
 ========================================
 ☆- コリントへの第一の手紙 第15章26節
 
  -26 最後の敵として滅ぼされるのが、 死である。
  
  
  -27 「神は万物を彼の足元に従わせた」 からである。 ところが、 万物を従わせたと
      言われる時、 万物を従わせた方がそれに含まれていないことは、 明らかで  
      ある。
 
  -28 そして、 万物が神に従う時には、 御子自身もまた、 万物を従わせたその方に
      従うであろう。 それは、 神が全ての者にあって、 全てとなられる為である。 
 
  -29 そうでないとすれば、 死者の為にバブテスマを受ける人々は、 なぜそれを 
      するのだろうか。 もし死者が全く蘇らないとすれば、 なぜ人々が死者の為に
      バプテスマをうけるのか。
 :: 
 ::
 ※- どんなふうにして、 死人が蘇るのか -※
 ==================================
 ☆- コリントへの第一の手紙 第15章35節
 
  -35 しかし、 ある人は言うであろう。 「どんなふうにして、 死人がよみがえるのか。
                                                   ——————————–
      どんな体をして来るのか」。
    ——————-
  -36 愚かな人である。 あなたの まくものは、 死ななければ、 生かされないでは
      ないか。
 
  -37 また、 あなたの まくのは、 やがて成るべき体をまくのではない。 麦であっても
      、 ほかの種であっても、 ただの種粒にすぎない。
 
  -38 ところが、 神は御心のままに、 これに体を与え、 その一つ一つの種にそれぞれ
      の体をお与えになる。
 
  -39 全ての肉が、 同じ肉なのではない。 人の肉があり、 獣の肉があり、 鳥の肉が 
      あり、 魚の肉がある。
 
  -40 天に属する体もあれば、 地に属する体もある。 天に属するものの栄光は、 地に
      属するものの栄光と違っている。
 
  -41 日の栄光があり、 月の栄光があり、 星の栄光がある。 また、 この星とあの星と
      の間に、 栄光のさがある。
 ::
 ::
 ※- 死人の復活 -※
 ================
 ☆- コリントへの第一の手紙 第15章42節
 
  -42 死人の復活も、 また同様である。 朽ちるものでまかれ、 朽ちないものに蘇り
      ===========  
  -43 卑しいものでまかれ、 栄光あるものに蘇り、 弱いものでまかれ、 強いものに
      蘇り、
 
  -44 肉の身体で蒔かれ、 霊の身体に蘇るのである。 肉のからだがあるのだら
        === 
      霊のからだもあるわけである。 
      =======================
 ::
 ::
 ※- 最後のアダムは 命を与える霊となった -※
 ==========================
 ☆- コリントへの第一の手紙 第15章44節
 
  -45 聖書に 『最初の人アダムは生きたものとなった』と書いてあるとおりである。
      しかし、 最後のアダムは 命を与える霊となった
                 ===
 
  -46 最初にあったのは、 霊のものではなく肉のものであって、 その後に霊のものが
      来るのである。
 
  -47 第一の人は地から出て土に属し、 第二の人は天から来る。
 
  – 48 この土に属する人に、 土に属している人々は等しく、 この天に属する人に、
       天に属している人々は等しいのである
 
  – 49 すなわち、 わたしたちは、 土に属している形をとっているのと同様に、 また
       天に属している形をとるであろう。
  
   
  
 ::
 ::
 ※- 死の刺は罪である、 罪の力は律法である -※
 =======================================
 ☆- コリントへの第一の手紙 第15章55節
 
  -55 「 死は勝利にのまれてしまった。 死よ、 おまえの勝利は、 どこに
        あるのか。 死よ、 おまえの刺は、どこにあるのか」。
 
  -56 死の刺は罪である、 罪の力は律法である。 
        === 
  *-*
 
 
  ※- その情と欲と共に十字架につけてしまったのである -※
  ===
  ☆- ガラテヤ人への手紙 第 5章22節
 
  -22 しかし、 御霊の実は、 愛、 喜び、 平和、 寛容、 慈愛、 善意、 忠実、 
  
  -23 柔和、 自制であって、 これらを否定する律法はない。 
  
  -24 キリスト・イエスに属する者は、 自分の肉を、 その情と欲と共に十字架に
 ===
      つけてしまったのである
    === 
  
  
  ※- 律法の終わりとなられた -※
  =========================== 
  ☆- ローマ人への手紙 第10章 4節
 
  – 4
キリストは、 すべて信じる者に義を得させるために、
      律法の終わりとなられたのである

      ===
 
 
*———————————————————————–*
 
 

◎–◎
 

  ・≪ 聖書・クリスマス・イヴ ≫ へ 戻る 
 
**
           
 
 ”風の道草” -景趣-
 
 
*-*
        

広告
カテゴリー: 01-☆☆☆・ おすすめ パーマリンク

聖書 律法と信仰 への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ≪ Page Guide ・ 総 目次≫ | “風の道草”

  2. ピンバック: 聖書 旧約聖書とイエス・キリストの言葉 | “風の道草”

  3. ピンバック: 聖書 クリスマス・イヴ 聖この夜 | “風の道草”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中