世界卓球:反日応援に宮崎監督が怒る

**
※- 世界卓球:反日応援に宮崎監督が怒りを露にした
 
中国の広州で行われている世界卓球選手権大会。
 
26日、日本男子は1次リーグのC組でロシアと戦って勝利した。(世界卓球選手権(団体戦)日本3-0ロシア)
 
そんな中、観客の節度を欠いた反日応援に宮崎監督は怒りをあらわにした。
 
2-0とリードし3番手の吉田の緊張感が漂う好ゲームに罵声(ばせい)、嘲(ちょう)笑が飛び交ったからだ!!
 
「素晴らしいプレーを観客のマナーの悪さにかき消されたと嘆いている、そんな情報が伝わって来ている。
 
宮崎監督は試合後、我々もロシアも、後味の悪さが残ってしまったと漏らし、全世界で放映される世界最高峰の大会がこれでは情けない、卓球のイメージが悪くなると苦言を呈した。
 
そのような環境の中で逆境を乗り越えて試合に臨んだ、中国出身の吉田選手や韓陽選手が日本選手として戦い通し熱い思いと、自尊心を感じた事を述べて、この状況で勝利をもぎとれたことは大きな意味があると分析の弁を語った
 
*-*
 
  2008年 2月28日 ”風の道草”
 
            
広告
カテゴリー: 06-芸能・スポーツ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中