天安門事件から20年

**
※- 天安門事件から20年 NHK・クローズアップ現代より
 
中国:1989年6月4日、民主化を求める学生や市民の運動が武力で鎮圧され、当局の発表だけでも300人( 海外メディアは千人以上とも )を超える死者を出した天安門事件から20年となった。
 
中国当局は当時、この民主化運動を「 反革命暴乱 」と位置づけ、その後、天安門事件についての情報は一切封印している。
 
中国で放送されている、きょう( 6月 4日 )のNHK国際放送も天安門事件のニュースは、中国当局によって映像が遮断されていた。
 
今や事件について何も知らない若い世代も登場する中、党指導部は、経済成長によって国民の生活を豊かにしてきたことに、一党支配の正統性を求め、その政策は功を奏しているかにも見える。
 
しかし、格差の拡大や汚職の蔓延で、権利意識に目覚めた市民が地方でデモや抗議行動を起こし、更にはインターネットを使って様々な主張を発信するようになり、党中央の統制が必ずしも行き届かなくなっている。
 
中国現代史最大のタブー・「 天安門事件 」が、その後の中国の行方にどのような影響を与え、民主化はどこまで進んだのか等、当時の中国人関係者らの証言を交えて中国の現状を伝える内容の番組構成だった。
 
現実問題として中国の各省( 地方政府 )に対して多くのデモが頻繁に起きている。
 
そんな中、ただ一つ中国共産党を批判する様な行動は許されていない。
 
多くのデモは地方政府と地域住民とのトラブルが主なもので、中央政府は一種のガス抜き的な見方をしている、と考えられると話していた。
 
20年前、天安門広場のデモに参加し、現在もコラム記者を続けている彼は、中国では急激な社会変化は当分あり得ない、少しずつ変わっていくとの見解を述べていた。
 
中国共産党が今後、どの様な舵取りをして行くのか?
 
現在の胡錦涛こ きんとう = ホゥー・ジンタオ )・国家主席や温家宝( おんかほう = ウェン・チアパオ )・首相は、系列を辿ると民主思想を継承してきた人達と言われているが、現実は難しいんでしょうね!!
 
*-*
 
 2009年 6月 4日 ”風の道草”
     
広告
カテゴリー: 09-中国・韓国・北朝 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中