臓器移植法改正:A案、衆院で可決

**
※- 臓器移植法改正:A案、衆院で可決   -web news-
 
6月18日、衆院本会議は臓器移植法改正4法案を採決し、脳死を一般的な人の死と認め、臓器提供の年齢制限を撤廃し、小児の移植に道を開く 「 A案 」に430人が投票し、賛成263人、反対167人で可決した。
 
現行法施行から11年半で脳死移植数が81例にとどまる中、臓器提供の機会を拡大すべきだとの意見が上回った。
 
ただ、参院側では新案提出の動きが出るなど、A案がそのまま可決される保証はない。
 
衆院解散時期も絡むだけに、今国会で成立するかどうかなお不透明だとみている
 
 
 
*-*
   
広告
カテゴリー: 07-ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中