2008年日本国内・HIV= 1557人

**
※- 2008年日本国内・HIV= 1557人
 
6月17日、厚労省によると、2008年に新たに報告された HIV感染者は= 1126、発症患者は= 431で計= 1557人。
 
2003年以降、6年連続で最多を更新したことが分かった。
 
此までと違い、外国人男女や日本人女性が減少したのに対し、日本人男性は前年比84人増の1358人と増加した。
 
< 年代別では >
 
10代= 19人、 20代= 333人30代= 428人、 40代= 202人、 50代以上= 143人、年齢不明= 1人で、30代だけが前年に比べて減少した。
 
感染経路は、同性間の性的接触が・69% で依然として高く、異性間は約20%だったとある
 
*-*
 
 2009年 6月18日 ”風の道草”
     
広告
カテゴリー: 10-健康 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中