福島県の中学では運動会が無い

**
※- 福島県内の中学校では運動会・体育祭が無い - web site -
 
web site を視ていたら、福島県の中学では運動会(体育祭)が無いらしい。
 
文部科学省の俗に言われる学校への教育指導要領には運動会などに付いての指導は無いと言うことの様だ?
 
- 以下 web site から転載 -
 
**
  
福島県の中学では運動会・体育祭が学校行事として行われていない、取材拠点にしている福島県郡山市でそう聞き、埼玉県出身の記者は驚いた。
 
その反応に 「 えっ! 全国ではあるのが普通なの?」と逆にびっくりされた。
 
中学校に運動会がないのが当たり前と思っている福島県民は多いかも。
 
中学校の運動会事情を調べてみた。
 
とりあえず、郡山市役所の職員に尋ねると、「小学校ではあったが、中学以降は記憶にない」という言葉ばかりが返ってきた。
 
1968年から福島県の中学校教諭となった宮城県出身の木村孝雄教育長(63)も「教師になってからは、ないのが普通と思っていた。
 
昨秋、県外から来た人に珍しいと言われ、自分の中学時代もあった事を思い出した」。
 
郡山市の場合、28ある中学校のうち現在、運動会を行っているのは湖南中学校のみ。
 
ここは5年前から小中一貫校になり、小中一緒の運動会開催になった経緯がある。
 
全国的な数字はどうなのか。
 
文部科学省が全国の公立中学校の7割(7289校)を対象に実施した2008年度の「全国体力・運動能力・運動習慣等調査」によると、「体育大会」の実施率は94%。
 
体育大会とは「学校の特別活動のなかの体育行事」(同省)と定義しており、いわゆる運動会・体育祭のことだ。
 
この調査に福島県からは94校が参加したが、このうち54校が非実施で、実施率は43%。
 
福島県の非実施が全国の数字を下げていた・・・とある。
 
中略
 
郡山市の場合、各中学校が独自に球技大会や陸上競技大会を実施しており、木村教育長は「体力的には問題ない」とする。
 
そのうえで「今のような過密プログラムの中では、1日がかりの運動会の実施は難しいと思う」と語った。
 
一方、市内で唯一、運動会を実施する湖南中学校。
 
毎年5月に行っている小学校との合同運動会には、今春も児童・生徒約230人が参加し、小1から中3の子供たちがチームを組んでのリレーなど、多彩な種目を実施した。
 
柳沼景之教頭は「小学生は中学生が走る姿にあこがれ、中学生は児童の視線を意識して立派に振る舞うことで世代間のつながりが生まれている」と、その利点を強調している
 
*-* ( 多少、文章を加工しましたが、内容的にはそのままです )
     
広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中