米グーグル、PCのOS開発へ

**
※- GoogleがPC用OSの開発を発表した  -web news-
 
7月7日、インターネットの検索で最大手・米グーグルがパソコン用の基本ソフト(OS)を開発するとメディアに発表した。
 
機能を絞った低価格の「ネットブック」に、2010年後半にも搭載される見通しだという。
 
無償で提供され、ネット利用を容易にするOSで、独走する米マイクロソフト(MS)に挑戦するものとなる。
  
開発するOSは「グーグル・クロームOS」と呼ばれるらしい。
 
同社が無償で提供している閲覧ソフト(ブラウザー)の「クローム」の技術を活用する。
 
技術仕様を年内に公開し、他社の開発者などと共同で開発を進める事で市場を開拓する考えのようだ。
 
他のサービスと同様に無償で公開され、グーグルOSには、携帯電話向けの「アンドロイド」がある。
 
新しいOSはパソコンを想定した「新しいプロジェクト」として開発設計するとしている。
 
特徴は、数秒で起動してウェブへ繋げ、軽快な操作や高い安全性を確保して信頼されるOSを提供する。
 
グーグルが得意とする、ネット上の各種サービスを手軽に使いやすくするものを目指している。
  
OS市場は、MSの「ウィンドウズ」が約9割のシェアを握るが、米アップルの「マックOS」など選択肢は少しずつ広がっている。
 
MSも10月22日に新OS「 ウィンドウズ 7 」を約3年ぶりに発売する。
 
メモリーの消費を抑えてネットブックでも動作が可能となるOSへと、てこ入れが図られる模様だと考えられている ・・・ ようだ!!
 
*-*
 
 2009年 7月 8日 ”風の道草”
     
広告
カテゴリー: 12-コンピュータとインターネット パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中