時効見直し法案・参議院を通過 ⇒ 衆議院へ

**
※- 時効見直し法案・参議院を通過 ⇒ 衆議院へ
 
沈滞気味の国会ですが、結構、いろんな法案が提出され通過している。
 
先週号の「週刊朝日」でも採り上げていましたが、民主党が選挙で掲げたマニフェストは七割方・・・成立している。
 
4月14日、殺人をはじめ、凶悪事件の時効制度の見直しを盛り込んだ・刑事訴訟法などの改正案が参議院本会議で共産党を除く各党などの賛成多数で可決され、衆議院に送られた。
 

参議院から先に審議が始まった刑事訴訟法などの改正案、人を死亡させた罪のうち、最も重い刑が死刑に当たる殺人や強盗殺人など12の罪については時効を廃止する。

他には、死刑に当たらない罪も、これまでの時効期間を2倍程度に延長するとしている。

また、すでに時効が進行しているものの、法律が施行された時点で時効がまだ成立していない犯罪については、さかのぼって廃止や延長を適用すると成っている。

改正案は、14日に開かれた参議院本会議で採決が行われ、民主党、社民党、国民新党の与党3党と自民党、公明党などの賛成多数で可決された。

時効見直し法案は衆議院にに送られました。

一方、共産党は「国民的な議論が行われたとは言えず、採決は拙速だ」として反対している

*-*

 2010年 4月15日 ”風の道草” 

広告
カテゴリー: 07-ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中