原発事故・避難地域12市町村の「復興再生計画」 2013年03月19日

**
※- 原発事故・避難地域12市町村の「復興再生計画」 2013年03月19日

3月19日、政府は、原発事故によって避難区域が設定された福島県の12市町村について、今後10年間の「復興再生計画」をまとめた。

この計画は、1年ごとに現状を検証し見直す予定と成っている。

根本・復興相は、「除染、インフラ、医療介護、産業再生などのさまざまな取り組みを盛り込みました。住民や企業の帰還判断材料を提供し、帰還促進を図ることを目指しております」と語った。

「復興再生計画」は、避難区域=12市町村ですが、原発のある大熊町、双葉町を除いた「10市町村」ごとの復興計画となる。

この様な復興計画を示すことで、住民や企業が、地域に戻るかどうかの判断に役立てるとしている。

その上で、避難指示・解除準備区域においては、インフラの復旧や雇用の確保や教育施設などの整備などに支援を集中的に行う。

避難が長期化する地域の住民に対しては、生活支援に重点を置くとしている

*-*

カテゴリー: 05-◎・Weblog, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中