食品アレルギー事故受け・「調布ルール策定」へ 2013年04月11日

**
※- 食品アレルギー事故受け・「調布ルール策定」へ 2013年04月11日

4月11日、website ー:調布市の富士見台小学校で、去年(2012年)12月、チーズなどにアレルギーのある5年生の女子児童が、給食のおかわりとして担任の教諭からチーズの入ったチヂミを誤って手渡されたあと、ショック症状を起こして死亡した。

この事故の原因について、市教育委員会の検証委員会は先月、教職員の危機管理意識が欠如していたなどとする報告書をまとめ、教育長に提出しています。

市の検討委員会は、この報告書を受けて、具体的な再発防止策を検討するために設けられ、4月10日の夜に行われた初会合には、医師やアレルギーのある子どもの保護者などが出席した。

冒頭で女子児童の両親が書いた、「亡くなった娘の思いに応えて、安心につながる施策を作ってほしい」というメッセージが読み上げられた。

続いて、意見交換が行われ、一人一人のアレルギーの症状を詳しく把握しておく必要があるとか、ショック症状を和らげる注射の保管場所を前もって決めておくべきだといった意見が出された。

そのうえで、全国のほかの地域にも参考にしてもらおうと、再発防止策と、事故が起きたあとの対応を具体的にまとめた独自の「調布ルール」を、ことし6月にも定めることを確認した

*-*

カテゴリー: 10-健康, 11-◎・学校・教育 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中