新型インフル(H7N9型)特別措置法 2013年04月12日

**
※- 新型インフル(H7N9型)特別措置法 2013年04月12日

4月12日-website ー:中国で鳥インフルエンザの感染者が相次いでいる。

きょう(12日)政府は閣議で、新型インフルエンザが発生した場合の政府や地方自治体などの対応方法を決めた。

この特別措置法は、13日から施行することになる。

特別措置法では、新型インフルエンザが発生する恐れがある段階からの政府や自治体などの対応方法を定めている。

国内で発生し、大流行によって国民生活や経済に重大な影響が出る恐れがある場合には、内閣総理大臣が「緊急事態宣言」を行うとしています。

政府は、特別措置法の施行に合わせ、対策の具体的な手順など定めた新たな行動計画を、来月にもまとめる方針です。

< 特別措置法の対処内容とは >

感染の拡大を防ぐために、都道府県知事が強制的に学校を休校にしたり、百貨店や映画館など多くの人が集まる施設の使用を制限できる。

市町村が住民に予防接種を実施するなど

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 10-健康 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中