淡路島・13日早朝地震で、千百棟の被害 2013年04月13日

**
※- 淡路島・13日早朝地震で、千百棟の被害 2013年04月13日

4月13日、早朝5時33分ごろ、兵庫県淡路市で、震度6弱の激しい揺れを観測した。

この地震で、兵庫県の淡路島の3つの市は被害を受けた住宅の調査が行われた。

洲本市で住宅など658棟が壊れるなど、淡路島では、これまでに、千百棟を超える建物被害が出ています。

洲本市では、市の職員が住宅などを対象に被害状況を調査した。

住宅など2棟が半壊し、551棟の住宅の一部が損壊した。

また、空き屋など住宅以外の建物も、105棟で被害が出ています。

淡路市では、住宅=480棟が壊れた。

他では、南あわじ市で、39棟の住宅で一部が損壊している

**
気象庁の発表では、震源地は淡路島付近で、震源の深さは15キロ、地震の規模を示す「マグニチュードは6.3」と推定された。

淡路島では、淡路市で震度6弱の激しい揺れを観測、南あわじ市で震度5強でした。

兵庫県洲本市と大阪の岬町、徳島県鳴門市、香川県東かがわ市、小豆島町で震度5弱の揺れを観測した。

西日本と東海・北陸、長野県にかけての広い範囲で震度4~1の揺れを観測した

*-*

広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中