Leaked-TPP-Investment 2013年04月14日

**
※- Leaked-TPP-Investment 2013年04月14日

Public Citizen website

INVESTMENT
Article 12.2: Definitions
For purposes of this Chapter:PDF
http://www.citizenstrade.org/ctc/wp-content/uploads/2012/06/tppinvestment.pdf#search=
‘tpp+investment+Public+Citizen%27s’

Leaked-TPP-Investment-Analysis
http://www.citizen.org/documents/Leaked-TPP-Investment-Analysis.pdf#search=’LeakedTPPInvestmentAnalysis’

**

A part of TPP draft ( Leaked-TPP-Investment-Analysis )

TPPは「通商」条約と位置付けられているが、自国で営業する外国企業に対して署名国の規制を制限し、国内企業以上に外国企業に権利を認めるものであることが、漏えい資料により理解できる。

漏えい資料は、外国の企業が国内の裁判所や法律を迂回し、外国の裁判機関(訳注:「外国の裁判機関」には国際的な仲裁裁判所を含むと考えられる)そこで、彼らは国内金融商品、健康、環境、土地使用法の補償をTPP加盟国を直接訴えることができるツートラック・システムとなっている。

Although TPP has been branded as a “trade” agreement, the leaked text shows that TPP would limit how signatory countries may regulate foreign firms operating within their boundaries, with requirements to provide them greater rights than domestic firms.

The leaked text reveals a two-track legal system, with foreign firms empowered to skirt domestic courts and laws to directly sue TPP governments in foreign tribunals. There they can demand compensation for domestic financial, health, environmental, land use laws and other laws they claim undermine their new TPP privileges.

また、TPP交渉に関わっているオーストラリア以外のすべての国は、訴訟により外国投資家に国家資産の無制限な支払いを命じる権利を持った外国の裁判機関の制度に従うことで合意していることも明らかになった。

漏えい資料のセクションBで明らかになったように、これらの裁判機関は透明性や一貫性、TPP参加各国の国内法制度に共通する法的手続きの基準を満たしていない。

また、公正さや独立性がなく、主権国家と民間投資家間の紛争を解決するうえでバランスのとれた機関でもないだろう。

たとえば、裁判官の倫理に反するような方法で、これらの裁判機関の人材は、投資家を擁護し政府を訴える企業弁護士と「裁判官」とを行き来する民間分野の弁護士が担っているのだ。

The leak also reveals that all countries involved in TPP talks . except Australia . have agreed to submit to the jurisdiction of such foreign tribunals, which would be empowered to order payment of unlimited government Treasury funds to foreign investors over TPP claims.

As revealed in Section B of the leaked text, these tribunals would not meet standards of transparency, consistency or due process common to TPP countries’ domestic legal systems or provide fair, independent or balanced venues for resolving disputes between sovereign nations and private investors.

For instance, in a manner that would be unethical for judges, the tribunals would be staffed by private sector lawyers that rotate between acting as “judges” and as advocates for the investors suing the governments.

米国の交渉担当者のみが、この裁判外執行システムを拡大する道を模索している。

これは外国の裁判機関を使い、政府調達、公益事業の契約履行、あるいは連邦政府所有の土地の天然資源の利権まで、外国投資家が結んでいる契約を執行させるためでもある。

(漏えい資料のうち、未合意の箇所は角かっこがついている。パブリックシチズンは各参加国が支持する様々な提案のリストを確認している)。

U.S. negotiators are alone in seeking to expand this extra-judicial enforcement system to also allow the use of foreign tribunals to enforce contracts foreign investors may have with a government for government procurement or to operate utilities contracts and even for concessions related to natural resources on federal lands.

(Text that is not yet agreed in the leaked text appears in square brackets and Public Citizen has seen a version of the text that lists which countries support various proposals.)

これまで、600人の米国企業を代表する公式(法人)アドバイザーがTPPの条文を閲覧し、米国の交渉担当者にアドバイスを与える特別な役割を与えられてきた。

しかし、報道機関や一般市民、そして議員は、今回漏えいした資料により、提案されている合意文書のなかでも最も議論の多かった章に初めて触れることができたのである。

去る5月、貿易に関する上院金融小委員会委員長であり、TPPを管轄する連邦議会委員であるワイデン上院議員は、議員自身および彼のスタッフが交渉で提出されたTPP条文案の閲覧をも拒否されたことを受け、議員が条文を閲覧できるよう求める法案を提出した。

While 600 official U.S. corporate advisors have access to TPP texts and have a special role in advising U.S. negotiators, for the public, press and policymakers, this leak provides the first access to one of the proposed agreement’s most controversial chapters.

In May, Sen. Ron Wyden, the Chair of the Senate Finance Subcommittee on Trade. the U.S. congressional committee with jurisdiction over TPP submitted legislation requiring that access be provided to members of Congress and their staff after he and his staff were denied access to even the U.S. TPP text proposals submitted during negotiations.

おそらく、TPPは米国にとって最後の通商交渉となるだろう。

というのは、これが締結されれば、TPPが新たな未来を拓くことになるからだ。

つまり、後から加盟する他のどの国にも門戸が開かれるのである。

TPPは加盟国の国民の公益に資する政策を軽視することなく、また外国企業に特権を与えずに、拡大する貿易による利益をもたらす新たな貿易協定のモデルに発展するチャンスなのだ。

オバマ大統領は選挙運動中、公共の利益を守るように投資ルールを修正すると主張した。

しかし、残念ながらパブリックシチズンがこの文書を分析したところ、現在のアメリカの立場には、オバマ候補がこの制度の脅威を”救済”すると約束した修正は反映されていない。

The TPP may well be the last trade agreement that the U.S. negotiates.

This is because the TPP, if completed, would have a new feature: it would be open for any other country to later join.

TPP offered an opportunity to develop a new trade agreement model that could deliver the benefits of expanded trade without undermining signatory nations’ domestic public interest policies or establishing special privileges for foreign corporations.

President Obama campaigned on fixing these investment rules to protect the public interest.

Unfortunately, Public Citizen’s analysis of this text shows that the U.S. positions do not reflect the changes that candidate Obama pledged to Remedy this regime’s threats.

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中