甘味料アレルギーの報告 2013年05月11日

**
※- 甘味料アレルギーの報告 2013年05月11日

5月11日、加工食品などに使われている甘味料が原因とみられる食物アレルギーが報告された。

国立病院機構・相模原病院の医師や栄養士などのグループが去年10月、食物アレルギーの患者を診療している全国の医師などに依頼し、およそ880人から回答を得た。

食事の後に、アレルギーの症状が出て、医療機関を受診した人で、甘味料による食物アレルギーと診断された人が15人、疑いがあるとされた人が18人いた。
中には呼吸困難など、重い症状が出た人もいた。

< 甘味料別では >

「エリスリトール」=15人
「キシリトール」=10人
「ステビア」=2人

甘味料はアレルギー物質としての表示義務はなく、含まれる量が少ない場合、原材料としての表示を省略することもできる。

調査を行った海老澤元宏医師は「甘味料がアレルギーの原因になることはあまり知られておらず、見逃されているケースも多いとみられる。ダイエットのための低カロリー食品が増えているので注意が必要で、今後は表示についても検討すべきだ」と話しています。

消費者庁の担当者は「内容を詳しく精査するとともに患者の数などを見ながら、今後、アレルギー物質としての表示が必要かどうかについても検討していくことになる」と話しています。

また、調査結果は5月11日から横浜市で始まる、日本アレルギー学会で発表されます

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中