「子宮頸がん・ワクチン」副作用報告1900件超 2013年05月16日

**
※-子宮頸がん・ワクチン副作用報告1900件超 2013年05月16日 

5月16日、厚生労働省は、ワクチンの安全性についての専門部会の報告を公表した。

子宮頸がん・ワクチン」接種後に、発熱や失神といった強い副作用が生じた報告が、2009年12月の販売開始から今年3月末までに、計=1968件に上ることを明らかにした。

その内、全身の痛みなど重篤だったと医療機関が報告したのは計=106件

ワクチン接種との因果関係があるとの報告は=67件だった。

重篤な副作用報告の発生頻度は、接種100万回当たり約12・3件でした。

そもそも、この「子宮頸がん・ワクチン」の有効性が疑問視されている。

また、website では、その他のワクチンに関しての疑惑記事が簡単に見つかる ( Youtube 等も)。

その内容は、ある一部の非人道的組織(似非ユダヤ)
によって、人口抑制などが、作為的ワクチン接種で行われている

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 10-健康 パーマリンク

「子宮頸がん・ワクチン」副作用報告1900件超 2013年05月16日 への1件のフィードバック

  1. 「子宮頸がん・ワクチン」副作用報告1900件超 2013年05月16日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中