赤身の肉を多く食べる男性に糖尿病リスク高い 2013年05月21日

**
※- 赤身の肉を多く食べる男性に糖尿病リスク高い 2013年05月21日

5月21日、NHK website ー: 国立がん研究センターなどで作る研究班は、全国の45歳から75歳の男女およそ6万4千人に食事などの生活習慣を尋ね、5年間追跡調査を行いました。

そして、男女それぞれで一日に食べる肉の量に応じて、4つのグループに分け、肥満や喫煙などの影響を取り除いて糖尿病の発症率を比較した。

食べる量が最も多い男性は、最も少ない男性の1.36倍に高くなっていることが分かりました。

さらに、肉の種類ごとに分析したところ、牛肉や豚肉など「赤身の肉」を多く食べる男性は糖尿病のリスクが=1.42倍になっていた。

このグループが摂取していた赤身の肉は、一日当たり85グラム程度と推定され、小ぶりのハンバーグであれば1個、薄切りの焼き肉であれば4枚に相当するということです。

女性では、食べる肉の量と糖尿病の発症に関連はみられませんでした。

研究班では、男性の場合、赤身の肉を多く食べると鉄分が過剰になり、血糖値を下げるインシュリンの働きが悪くなる可能性があるとしています。

研究をまとめた国立国際医療研究センターの黒谷佳代上級研究員は、「牛肉や豚肉を多く食べる男性は、糖尿病のリスクが高まると考えられる。鳥肉や魚も食べるなど、バランスのよい食事を心がけてほしい」と話しています

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中