福島県「飯舘村」メガソーラー建設へ 2013年06月21日

**
※- 福島県「飯舘村」メガソーラー建設へ 2013年06月21日

6月21日、原発事故で、全ての住民が避難している福島県飯舘村は、村有地に、大規模な太陽光発電施設を建設する。

飯舘村の菅野典雄村長が福島市で記者会見し、明らかにした。

原発事故の影響で、宿泊が制限され、居住制限区域に指定されている飯樋地区にある、およそ14ヘクタールの村有牧場に、東京の電気設備会社と共同で、メガソーラーを建設するとしています。

出力は、一般家庭およそ=3000世帯の1年分の電力を賄える1万キロワット。

村は発電した電力を国の買い取り制度に基づいて電力会社にすべて売却し、20年間でおよそ7億円の利益を見込んでいます。

総事業費は、およそ40億円で、村では来月から予定地の除染や設計などに着手する予定。

平成26年(2014年)04月に工事を開始し、3年後の平成28年(2016年)04月には発電を開始したいとしています。

菅野村長は、電力の売却で得た利益を、村の復興に生かしたいとしていて、「住民の帰還を見据えて事業を計画した。復興のシンボルとして、ぜひ成功させたい」と話した

*-*

広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中