福島第一原発事故:元所長・吉田昌郎氏が食道癌で死亡 2013年07月09日

**
※- 福島第一原発事故:元所長・吉田昌郎氏が食道癌で死亡 2013年07月09日

7月09日、NHK website -: 東京電力・福島第一原子力発電所の事故で現場で指揮を執った吉田昌郎元所長が、9日、食道がんのため亡くなりました。

東京電力が公開した事故の対応の様子を記録したテレビ会議の映像には未曽有の事故に直面した吉田元所長が事故対応に追われる姿が映し出されています。

この内、おととし(2011年)3月14日午前11時すぎ、3号機が水素爆発した直後には、福島第一原発からの映像が小刻みに揺れる中、吉田元所長が慌てた様子で「本店本店。大変です。3号機爆発起きました。1号機と同じ爆発と思われる」と、東京電力の本店に呼びかけています。

また、14日の深夜、深刻になる2号機の対応を巡り東京電力本店の幹部が「おい、吉田、ベントできるんだったらすぐやれ。早く。余計なことを考えるな。こっちで全部責任とるんだから」などという指示に対し、吉田元所長は「いろいろ聞かないで下さい。ベント、いま開ける操作していますんで.ディスターブ(邪魔)しないでください」などと反論しています。

事故から2週間目の3月25日の朝の会議では、吉田元所長が前の日に起きた作業員3人の大量の被ばく事故に触れて、少し長めのあいさつをして、「前の日の実績から次の日も変わらないという思い込みがあり、注意喚起が不十分だった。健康と安全が一番大事だと思っていたが、指示が至らず極めて反省している」と述べました。

吉田元所長は、この日まで、事故対応の現場のトップとして休みなく陣頭指揮を執っていましたが、「かなり肉体的にもガタがきている」などとして、「休みを取ることを許してほしい」などと涙ぐみながら話している様子が記録されています

*-*

カテゴリー: 05-◎・Weblog, 13- website - パーマリンク

福島第一原発事故:元所長・吉田昌郎氏が食道癌で死亡 2013年07月09日 への1件のフィードバック

  1. 福島第一原発事故:元所長・吉田昌郎氏が食道癌で死亡 2013年07月09日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中