熱中症搬送者・去年の4.8倍 2013年07月17日

**
※- 熱中症搬送者・去年の4.8倍 2013年07月17日

7月17日、今月に入って、熱中症で病院に運ばれた人は全国で1万3000人を超え、前の年の4.8倍と大幅に増えています。

総務省消防庁は、暑い日がさらに続くため水分をこまめにとるなど予防に努めるよう呼びかけています。

**
総務省消防庁によりますと、今月1日から14日までの2週間に、熱中症で病院に運ばれた人は全国で1万3681人に上りました。

今月に入って各地で猛暑日となるなど暑い日が続いたことから、搬送された人の数は去年の同じ時期の4.8倍と大幅に増えています。

今月に入って少なくとも19人が死亡し、3週間以上の入院が必要な重症の人も451人に上りました。

都道府県別では東京が最も多く=1430人、愛知=1319人、埼玉=1069人。

また、集計を始めた5月末から7週間の搬送者数も全国で1万8178人と去年の同じ時期の3.3倍に増え、65歳以上の高齢者が全体のおよそ半数を占めている

*-*

広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中