ES細胞を利用て効率よく精子を作る 2013年08月05日

**
※- ES細胞を利用て効率よく精子を作る 2013年08月05日

8月05日、NHK website ー:体のあらゆる組織や臓器になるとされるマウスのES細胞に特定の遺伝子を入れることで、これまでの方法よりも効率よく精子を作り出せることを、京都大学の研究グループが突き止めました。

不妊症などの治療法の開発に役立つ可能性があるとしています。

京都大学大学院・医学研究科の斎藤通紀教授の研究グループは、マウスの体内で精子が作られる際に活発に働く3つの遺伝子に注目し、あらゆる組織や臓器になるとされるマウスのES細胞にこれらの遺伝子を入れました。

その結果、およそ80%という高い確率で精子の元となる細胞が出来、この細胞をマウスの精巣に入れると、正常な精子が作られたということです。

斎藤教授の研究グループはマウスのES細胞やiPS細胞から正常な精子を作るのに初めて成功した。

おととし発表しました特殊なたんぱく質を加えるというこれまでの方法と比べ、今回は成功する確率がおよそ5倍に増え、効率よく作ることができるようになったということです。

斎藤教授は「これまで謎だった生殖に関わる細胞が出来る過程を解き明かすきっかけとなる」と話した。

今後、不妊症などの治療法の開発につながる可能性があると指摘しています。

この研究成果はイギリスの科学雑誌、『ネイチャー』に掲載されます

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中