iPS細胞:NPO法人が「備蓄・さい帯血」提供へ 2013年08月06日

**
※- iPS細胞:NPO法人が「備蓄・さい帯血」提供へ 2013年08月06日

8月06日、NHK website ー:再生医療に役立てるため、あらかじめさまざまな種類のiPS細胞を作って備蓄しようと京都大学が取り組んでいます。

そこで、兵庫県で「さい帯血バンク」を運営するNPO法人が協力することを決め、保存している血液を提供することになりました。

これはNPO法人「兵庫さい帯血バンク」と京都大学iPS細胞研究所の担当者が記者会見して明らかにしました。

iPS細胞は、病気やけがで失われた体の機能を取り戻す再生医療に役立つと期待されています。

しかし、患者の細胞からiPS細胞を作り、必要な組織などに変化させて移植する方法では、多くの費用や時間がかかる。

そのため、京都大学iPS細胞研究所は、あらかじめさまざまな患者に適合するiPS細胞を作り、備蓄する構想を打ち出しています。

これに対し兵庫さい帯血バンクは、全国に8つある公的なさい帯血バンクの中で初めて、保存している赤ちゃんのへその緒の血液を提供することを決めました。

保存期間が10年を超え、白血病の治療などに使われなくなった血液のうち、白血球の型が多くの人に適合する血液を選び、親などに改めて同意を得たうえで提供することにしています。

京都大学iPS細胞研究所の齋藤潤准教授は「血液の提供を受けることで効率的にiPS細胞を作ることができ、再生医療の可能性が広がると考えられる」と話しています

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

iPS細胞:NPO法人が「備蓄・さい帯血」提供へ 2013年08月06日 への2件のフィードバック

  1. iPS細胞:NPO法人が「備蓄・さい帯血」提供へ 2013年08月06日

  2. iPS細胞:NPO法人が「備蓄・さい帯血」提供へ 2013年08月06日
    再生医療に役立てるため、あらかじめさまざまな種類のiPS細胞を作って備蓄しようと京都大学が取り組んでいます

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中