北海道東部で「クロマグロの水揚げ」 2013年08月08日

**
※- 北海道東部で「クロマグロの水揚げ」 2013年08月08日

8月08日、北海道東部の太平洋沿岸で、この海域ではほとんど取れない「クロマグロ」の水揚げが相次いでいる。

専門家は、海水温が例年より高いことが影響しているとみています。

「クロマグロ」が北海道東部の太平洋沿岸で取れるようになったのは先月下旬から・・・とか。

漁獲量は7日までの10日間で合わせて=95匹と、去年の同じ時期の7匹を大幅に上回っています。

大きさは15キロから25キロほどの小型のものが主体です。

漁業者の1人は「この地方でこれほど多く水揚げされるのは初めてで、とても驚いている」と話しています。

北海道東部で「クロマグロ」の水揚げが続いていることについて、専門家からは海水温の上昇が影響しているという見方が出ています。

北海道東部の周辺の海水温は例年に比べて3度ほど高い15度程度にまで上がっている。

また、マグロの餌となる「イワシ」や「サバ」も豊富にあることが影響しているようです

*-*

広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中