都立一貫校は「4・4・4制」 2013年08月22日

**
※- 都立一貫校は4・4・4制 2013年08月22日

8月22日、NHK website -:東京都は小学校から高校まで一貫して学ぶ都立学校を4年後の平成29年4月を目標に開校する方針を固めた。

教育課程を従来の小学校6年、中学校3年、高校3年の「6・3・3制」からそれぞれを4年とする4・4・4制に変えて理数系の教育に力を入れた人材の育成を目指す。

**
都立の小学校から高校までの一貫校は、東京都の猪瀬知事が当選直後の去年(2012年)12月に構想を明らかにして以降、東京都教育委員会が有識者らによる検討会を作って基本構想などを話し合ってきたもので、このほど中間報告がまとまった。

それによりますと、新しい一貫校は、世界を舞台に活躍できる人材を育成することを目指し、特に理数系の教育に力を入れるとしています。

また、教育課程を従来の小学校6年、中学校3年、高校3年の「6・3・3制」ではなく、それぞれを4年とする4・4・4制としている点が特徴です。

「小学1年から4年まで」を「基礎期

「小学5年から中学2年まで」を「拡充期

「中学3年から高校3年まで」の「発展期と位置づけている。

子供の心身の発達段階を考慮して4年ごとのまとまりで、教育内容を編成することにしています。

こうした構想を基に、東京都は平成29年4月の開校を目指し、「小学1年から4年まで」の課程は東京・目黒区の旧都立学校に、「小学5年以降の8年間」の課程は武蔵野市にある都立の中高一貫校に学校を設置する方針を固めました。

東京都によりますと、公立の小学校から高校までの一貫校の設置は、全国で初めてだということで、来年3月には入学選抜の方法などを含めた最終報告を発表することにしています。

一貫校の設置について東京都は「12年間一貫した教育を提供するという全国でも例のないモデルケースとして、情報を発信し、国にも提言を行っていきたい」としています

*-*

広告
カテゴリー: 11-◎・学校・教育, 13- website - パーマリンク

都立一貫校は「4・4・4制」 2013年08月22日 への1件のフィードバック

  1. 都立一貫校は「4・4・4制」 2013年08月22日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中