独身女性の卵子凍結を容認 2013年08月24日

**
※- 独身女性の卵子凍結を容認 2013年08月24日

8月24日、NHK website – : 不妊治療をする夫婦などに限るべきだとされている卵子の凍結保存について、日本生殖医学会は40歳以上は推奨できないとしたうえで、健康な独身女性にも認めることを決めました。

**
これは23日夕方開かれた、日本生殖医学会の倫理委員会で決まりました。

卵子凍結は、女性の体内から卵子を採取して液体窒素などで凍結保存し、その後、解凍して体外受精に使う不妊治療の技術です。

法律による規制はありませんが、関連する学会は、倫理的な問題から広く行うべきではないとして、不妊治療をしている夫婦とがんの放射線治療で卵子に影響が出るおそれがある患者などに限るべきだとしてきました。

しかし、晩婚化が進むなか、卵子の老化による将来の不妊を心配する独身女性が増え、不妊治療のクリニックでは、数年前から妊娠する可能性が高い、若い時の卵子を保存したいという女性の要望に応じて卵子凍結が急速に広がっているとみられています。

この中には、妊娠の可能性が低い40代後半の女性の卵子を凍結したり、高額な費用を請求したりする問題のあるケースもあると指摘されています。

このため、日本生殖医学会は無秩序に広がるのを防ごうとガイドラインをまとめたもので、このなかでは、まず「年齢などが原因で不妊になる可能性が懸念される場合、卵子を凍結できる」として健康な独身女性の卵子の凍結を認めました。

その上で、

卵子凍結をするのは40歳以上は推奨できない
凍結した卵子で不妊治療を行うのは 、45歳以上は推奨できないとしています。

このほか、保存や治療について女性に十分説明することや、女性が死亡した場合は廃棄するなどとしています。

学会では、ホームページでこのガイドラインを公表し、一般から意見を募ったうえで、国内のクリニックに周知したいとしています。

学会の理事長で慶応大学の吉村泰典教授は「不妊治療を受けずに自然に妊娠するのが最も良く、決して勧めるものではない。

卵子凍結を行っても妊娠できる保証はないのに、妊娠を後回しにすると、結果として子どもを授かれない場合も出てくるので、無秩序に広がるのを防ぐ必要がある。

慎重に考えたうえで最後の選択肢としてほしい」と話しています。

これまでの学会の見解は

国内には、体外受精などの生殖医療についての法律はなく、実施に当たっては、関連する学会が出す見解などで、ルールが決められています。

この中で、卵子凍結をすることができる人については、「この方法以外では、妊娠の可能性が極めて低いと判断される夫婦」としています。

例外として、がんなどの治療で卵子に影響が出るおそれがあり、将来の不妊が心配される患者に限って、独身でも卵子凍結を行うことができるとされています。

しかし、そのほかの独身女性は、対象とされておらず、禁止だと明文化されていないものの事実上、利用できないとされてきました。

卵子凍結の課題は

凍結した卵子による妊娠には技術面や安全面などの課題があります。

技術面では、卵子は凍結や解凍する過程で壊れてしまう場合もあるほか、妊娠するには体外受精する必要があり、おととし不妊治療中の夫婦が凍結した卵子を使った治療で出産に至った割合は、6%余り にとどまっています。

卵子をいくつ凍結しておけば出産ができるという保証はなく、数多く保存したとしても1人も子どもを授からない可能性もあります。

また、安全面では、凍結するための卵子を体から採取する際、排卵を誘発する薬の影響で卵巣が腫れ、最悪の場合は卵巣を摘出しなければならない可能性があるほか、高齢出産の場合、母子ともに死亡するおそれがある妊娠高血圧症候群などの危険性も高まります。

この他、クリニックの経営が行き詰まった場合、凍結していた卵子の保存をどうするのか決まっていないという施設側の課題もあります。

卵子凍結海外の現状

先進国の一部では10年ほど前から健康な独身女性の卵子凍結が広がってきています。

このうちアメリカでは、州などが指針を作り卵子凍結を実施していて、独身女性が行うことも禁止されておらず、クリニックの中には独身女性を対象に説明会を開いて卵子凍結を呼びかけているところもあります。

こうした広がりもあり、アメリカ生殖医学会は、去年卵子凍結の技術は確立したとしたうえで、ガイドラインを定めました。

この中では、健康な女性には積極的には勧めないものの、凍結したいという人には詳しい情報を提供するよう求めています。

また、イギリスでは、法律で認められたクリニックで卵子凍結を行うことが認められていて、独身女性の間にも広がっています。

去年、ヨーロッパ生殖医学会がガイドラインを定め、クリニックは卵子凍結のメリットやリスクについて女性に十分伝えるよう義務付けています。

この他、オーストラリアやカナダでもクリニックが凍結した卵子を保存する専用の組織や施設を立ち上げるなど、卵子凍結は先進国の一部で広がってきています。

こうした国々では、一般の女性の選択肢の一つとして歓迎する声がある一方で、高齢出産のリスクが高まるなどといった反対の声も多く、是非について議論が行われているのが現状です

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

独身女性の卵子凍結を容認 2013年08月24日 への1件のフィードバック

  1. 独身女性の卵子凍結を容認 2013年08月24日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中