英議会、対シリア軍事介入を否決 2013年08月30日

**
※- 英議会、対シリア軍事介入を否決 2013年08月30日

8月30日、時事通信・配信- :英下院は29日夜、対シリア軍事行動に関する政府提出の動議への採決を行い、賛成=272、反対=285で否決した。

キャメロン首相は採決後、「英国民の意見を反映する議会が軍事行動を望まないことがはっきりした。政府はそれに従って行動する」と述べ、シリアでの化学兵器使用を受けた軍事介入を断念する意向を表明した。

動議は、シリアのアサド政権による化学兵器使用を非難し、英軍のシリアに対する軍事行動の可能性を認める内容。

英国がシリア軍事介入から手を引くことは、協調姿勢を取ってきた米国やフランスにとっても大きな打撃となる。

2015年に総選挙を控える保守党党首のキャメロン首相にとって重大な政治的敗北であり、指導力に疑問符が付けられるのは確実。

BBC放送によると、ハモンド国防相も英国が軍事介入に参加しないことを認めたが、英国抜きでも米仏は介入を中止しないとの見方を示した。

首相はシリアで化学兵器使用疑惑が明らかになった21日以降、「さらなる化学兵器使用を抑止する」ことを目的とした軍事介入に向け、積極姿勢を取ってきた。

当初、動議は1回の採決で直ちに軍事行動に移れる内容だった。

しかし、野党労働党の要求を受け、軍事行動のためにはシリアで活動中の国連化学兵器調査団の結果を待って再度の採決を必要とするよう修正するなど大きく譲歩。

だが、労働党は結局、アサド政権による化学兵器使用の明確な証拠を求めて反対に回った。

また、与党保守党内にも介入への慎重論が相次いだ。

**
私見:英国議会は、全うな議決を行ったと言えるでしょう!

国連の調査団が入国する前に「毒ガス」を政府軍が使うわけないと思う!

似非政府軍を反体制側が組織して、「毒ガス」を使ったとも言える ・・・ ?

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

英議会、対シリア軍事介入を否決 2013年08月30日 への1件のフィードバック

  1. 英議会、対シリア軍事介入を否決 2013年08月30日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中