9月02日の竜巻「F2」・被害19キロ 2013年

**
※- 9月02日の竜巻F2」・被害19キロ 2013年

9月03日、NHK website ー: 9月02日、埼玉県と千葉県で大きな被害が出た竜巻について、気象庁は、これまでに長さ=19キロにわたって被害が確認されたと発表しました。

風の強さは、6段階の指標で上から4番目の、「F2」に当たると推定しています。

**
気象庁は、2日の竜巻で大きな被害が出た埼玉県越谷市や千葉県野田市を中心に被害の状況を調査し、3日夕方、記者会見を行いました。

それによりますと、これまでに確認できた被害はさいたま市東部から茨城県坂東市の一部にかけて、南西から北東方向に長さおよそ19キロ、幅およそ100メートルから200メートルにわたって続いていたということです。

また、今回の竜巻は、屋根が吹き飛ばされた住宅が多かったことなどから、突風の強さを示す6段階の指標で上から4番目の、「F2」と推定されるということです。

「F2」は、瞬間的には、風速50メートル以上の風が吹いて、家の屋根や自動車が吹き飛ばされる強さとされています。

「F2」は、近年では、7年前の平成18年9月に発生した宮崎県延岡市の竜巻などに相当し、去年5月に茨城県つくば市を襲った竜巻の「F3」に次ぐ強さとなります。

調査にあたった気象庁の鈴木修観測システム運用室長は、

「今回の竜巻が発生した積乱雲は、大きさが10キロ四方程度で、発達が非常に早かった。今のところ、主な被害を引き起こしたのは1つの竜巻だったと考えているが、複数の渦があった可能性もあり、今後、確認を進めたい」と話しています

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

9月02日の竜巻「F2」・被害19キロ 2013年 への1件のフィードバック

  1. 9月02日に、関東地方を襲った竜巻「F2」・被害19キロ 2013年

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中