「円・株・国債」がトリプル高に・東京市場 2013年09月19日

**
※- 「円・株・国債」がトリプル高に・東京市場 2013年09月19日

9月19日、東京外国為替市場では、アメリカのFRBの量的緩和縮小の見送りを受け、今後も大量のドル資金が供給されるという見方からドルを売って円を買う動きと成となり、1ドル=98円前半で推移している。

東京株式市場は、アメリカの金融緩和縮小による世界的な景気減速に対する懸念が後退したことなどから買い注文が多くなった。

日経平均株価の午前の終値は18日より=191円81銭高い=1万4697円17銭でした。

東証株価指数=トピックスは=13.96上がって=1207.03と成っている。

さらに、世界的な金融緩和が当面は続くという見方から、東京債券市場も日本国債を買う動きが広がりました。

長期金利は一時、0.680%とおよそ4か月ぶりに0.6%台まで低下した。

19日の東京市場では円、株、国債が同時に値上がりするいわゆる「トリプル高」となっています。

また、東京商品取引所の「金の先物市場」でも買い注文が相次いで一時、18日の終値より3.91%高い1グラム=4328円まで値上がりした

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 05-◎・Weblog パーマリンク

「円・株・国債」がトリプル高に・東京市場 2013年09月19日 への1件のフィードバック

  1. 「円・株・国債」がトリプル高に・東京市場 2013年09月19日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中