「認知症」・新画像診断技術を開発 2013年09月19日

**
※- 「認知症」・新画像診断技術を開発 2013年09月19日

9月19日、NHK website ー : アルツハイマー病に特有のたんぱく質が患者の脳に蓄積しているのを画像検査で見つけ出す技術を開発した。

「放射線医学・総合研究所」のグループが世界で初めて成功し、病気の早期発見などに役立つと注目されています。

研究を行ったのは千葉市にある放射線医学総合研究所の樋口真人チームリーダーらのグループです。

アルツハイマー病では脳に「アミロイドベータ」と「タウ」という2種類のたんぱく質が蓄積しますが「タウ」については、CTやMRIなどの画像検査で捉えることができませんでした。

グループでは「タウ」だけに結合して微弱な放射線を出す特殊な薬剤を開発しました。

そして実際にアルツハイマー病の患者に注射しPETと呼ばれる画像診断装置で撮影することで世界で初めて、患者の脳に蓄積している「タウ」を捉えることに成功したということです。

「タウ」は、アルツハイマー病のごく初期の段階から脳に蓄積することも確認されています。

樋口チームリーダーは「タウはアルツハイマー病の発症と密接に関係していることが分かってきている。今回の技術を使えば、早期発見や予防法の開発などに役立つはずだ」と話しました

*-*

広告
カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

「認知症」・新画像診断技術を開発 2013年09月19日 への1件のフィードバック

  1. 認知症 より:

    「認知症」・新画像診断技術を開発 2013年09月19日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中