97か所補修せず放置・JR北海道 2013年09月22日

**
※- 97か所補修せず放置・JR北海道 2013年09月22日

9月22日、今月19日にJR函館線で起きた脱線事故の現場付近のレールをJR北海道が事故が起きるまで、補修せずに放置していた事が分かった。

この問題から、さらに調べた結果、レールの幅や高低差などを補修せず放置していたのが、これまでに北海道内で=97か所に上った。

9月19日にJR北海道の函館線で起きた貨物列車の脱線事故で、レールの幅が社内の基準を上回る値だったにもかかわらず、補修せずに放置し続けていた。

これに関して、JR北海道は、午後6時から野島誠社長らが会見した。

北海道内で、レールの幅や左右のレールの高低差など、社内基準を上回っていたのに期限内に補修せず放置していた規程違反が他にもあることを明らかにした。

特急列車などが走る本線で=49か所、主に貨物列車や通過待ちの列車が使う「副本線」で=48か所の、合わせて=97か所で見つかった。

いずれも、22日までに緊急の補修を行い、列車の運行に問題はないとしている

**
私見:
列車の火災事故や脱線事故などが相次ぐ、JR北海道を検証すると函館線に多い印象があります。

確かに、この区間は険しい路線なのでしょうが、もっと保線作業員を増やす事は出来ないのか?

JR北海道の経営状態は、人員確保も出来ない程に悪化しているのでしょうか ・・・?

確か、他のJRからの支援を受けている筈だが!

*-*

カテゴリー: 05-◎・Weblog, 13- website - パーマリンク

97か所補修せず放置・JR北海道 2013年09月22日 への1件のフィードバック

  1. 97ヶ所補修せず放置・JR北海道 2013年09月22日
    相次いだ、JR北海道の事故

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中