少年兵や人身売買8500万人・ILO 2013年09月24日

**
※- 少年兵や人身売買8500万人・ILO 2013年09月24日

9月24日、NHK website ー : ILO( 国際労働機関 )は、世界の5歳から17歳までの子どものうち、少年兵となって戦ったり人身売買の被害に遭ったりしている子どもがおよそ8500万人に上るとする報告書をまとめ、国際社会に対して、この問題への関心を持つよう呼びかけています。

**
ILOは23日、世界の子どもの労働について2012年現在の状況をまとめた報告書を発表しました。

それによりますと、世界の5歳から17歳までの子供の内、全体の10.6%に当たる1億6800万人が農作業や路上での商品販売などの仕事に就いているということです。

児童労働の人数は、前回(4年前)の調査に比べて20%余り減少しています。

ILOは、世界の経済成長が鈍化した影響で、子どもの労働需要も減ったためではないかと分析している。

一方、紛争地で少年兵として戦ったり、人身売買による売春などの被害にあったりしている子どもの数は、全体の5.4%に当たるおよそ=8500万人に上るということです。

ILOは児童労働をなくすため、国際社会に対して引き続き関心を持つよう呼びかけています。

しかし、3年後の2016年までに少年兵などをなくすとしていたこれまでの目標については、「計画通りに減っておらず、実行は難しくなった」として、目標達成に悲観的な見方を示した

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

少年兵や人身売買8500万人・ILO 2013年09月24日 への1件のフィードバック

  1. 少年兵や人身売買=8500万人・ILO 2013年09月24日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中