米国の民間宇宙輸送船「シグナス」ISSにドッキング 2013年09月30日

**
※- 米国の民間宇宙輸送船「シグナス」ISSにドッキング 2013年09月30日

20130929-signas-2 20130929-signas

9月29日、アメリカの企業が開発した無人の宇宙輸送船が、国際宇宙ステーションとのドッキングに成功しました。

民間の宇宙船として2機目となる成功により、民間レベルの宇宙開発が今後加速するものと期待されています。

国際宇宙ステーションとのドッキングに成功したのは、アメリカの企業「オービタル・サイエンシズ」社が開発した宇宙輸送船「シグナス」です。

「シグナス」は29日午前7時(日本時間29日午後8時)、宇宙ステーションのロボットアームにつかみ取られ、およそ1時間半後に、宇宙ステーションとドッキングしました。

「シグナス」に積まれている食料や衣服などおよそ600キロの物資は30日に宇宙ステーションに運び込まれる予定です。

今月18日に打ち上げられた「シグナス」は、当初、22日にドッキングする予定でしたが、宇宙ステーションとデータを送受信した際に不具合が見つかり、1週間延期されていました。

今回の成功を受けて、「オービタル・サイエンシズ」社は、今後、「シグナス」を使って、8回にわたり宇宙ステーションへの物資の輸送を行う予定です。

民間企業が開発した宇宙船が宇宙ステーションとのドッキングに成功するのは、アメリカの「スペースX」社の「ドラゴン」に次いで2機目です。

アメリカ政府は宇宙開発について、火星の探査に重点的に取り組むため、ほかの分野への民間企業の参入を促していて、相次ぐ成功により民間レベルの宇宙開発が今後加速するものと期待されています

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

米国の民間宇宙輸送船「シグナス」ISSにドッキング 2013年09月30日 への1件のフィードバック

  1. 米国の民間宇宙輸送船「シグナス」ISSにドッキング 2013年09月30日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中