人種差別の違法行為・ヘイトスピーチ裁判判決 2013年10月07日

**
※- 人種差別の違法行為・ヘイトスピーチ裁判判決 2013年10月07日

10月07日、京都地方裁判所:在日韓国・朝鮮人への抗議活動を続けている団体に=1200万の賠償を命じた。

京都の朝鮮学校周辺で「ヘイトスピーチ」と呼ばれる差別的な発言を繰り返したとして学校側が賠償などを求めた裁判。

京都地方裁判所・橋詰均裁判長は、

「団体の街宣活動で、子どもたちや教職員は恐怖を感じ、平穏な授業を妨害された。

街宣活動は著しく侮蔑的、差別的な発言を伴うもので人種差別撤廃条約で禁止された人種差別に当たる」と指摘し、1200万円余りの支払いと共に、学校周辺での街宣活動の禁止などを命じた

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

人種差別の違法行為・ヘイトスピーチ裁判判決 2013年10月07日 への1件のフィードバック

  1. 人種差別の違法行為・ヘイトスピーチ裁判判決 2013年10月07日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中