8月の景気動向指数が2か月ぶり下落 2013年10月07日

**
※- 8月の景気動向指数が2か月ぶり下落 2013年10月07日

10月07日、内閣府が発表した、今年8月の景気動向指数は、医療・福祉の分野を中心に、残業時間が減少したことなど、2か月ぶりに下落した。

景気動向指数とは、内閣府が企業の生産や雇用など、景気を敏感に反映する、さまざまな経済指標をまとめて指数化したもので、毎月発表しています

其れによりますと、今年8月の指数の内、景気の現状を示す「一致指数」は、平成22年を100として=107.6、前の月を0.1ポイント下回って、2か月ぶりに、わずかながら下落した。

これは、医療・福祉の分野や製造業で、残業時間が減少したことに加え、火力発電所向けのタービンの部品の生産が、前の月に大きく増えた反動とも言える様だ。

また、景気の先行きを示す「先行指数」も、鉄鋼業などでの在庫の増加や、消費者心理の動きを示す指数の伸び悩みなどを反映して、106.5と、前の月より1.4ポイント下落した

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 05-◎・Weblog パーマリンク

8月の景気動向指数が2か月ぶり下落 2013年10月07日 への1件のフィードバック

  1. 8月の景気動向指数が2か月ぶり下落 2013年10月07日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中