10月11日、東京都心で30度超・最も遅い真夏日 2013年10月11日

**
※- 10月11日、東京都心で30度超最も遅い真夏日 2013年10月11日

10月11日、気象庁の発表によると、きょうは全国的に気温が平年を上回り、季節外れの暑さとなり、西日本や東日本で気温が=30度以上の真夏日が各地で観測された。

東京の都心でも、30度2分を観測し、明治8年に統計を取り始めてから、最も遅い真夏日 ・・・ とか。

前線の影響で、西日本や北日本などで、ところによって雨や曇りとなっていますが、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、各地で気温が上昇した。

< 日中の最高気温 >

三重県亀山市=32度7分
滋賀県彦根市=32度1分
大阪府堺市=31度6分
富山市=30度8分
京都市=30度1分、
長野市=30度・・・でした。

10月09日は、新潟県・糸魚川市で、35.1度猛暑日を記録しています

*-*

広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog パーマリンク

10月11日、東京都心で30度超・最も遅い真夏日 2013年10月11日 への1件のフィードバック

  1. 東京の都心、30度2分を観測、明治8年に統計を取り始めてから、最も遅い「真夏日」!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中