「RS・ウイルス感染症」が増加 2013年10月15日

**
※- 「RS・ウイルス感染症」が増加 2013年10月15日

10月15日、「RS・ウイルス感染症」は、「発熱」や「せき」など、かぜに似た呼吸器の症状が出る病気です。

秋から冬にかけて、主に「乳幼児」で流行し、初めての感染では肺炎などを引き起こして重症化することもある。

国立感染症研究所」によりますと、10月06日までの1週間に、全国で、およそ=3000の小児科の医療機関で、新たにRS・ウイルス感染症と診断された患者=3.248人で、前の週から=280人余り増えました。

< 都道府県別では >

大阪府=264人
東京都=263人
福岡県=198人
兵庫県=170人

都市部を中心に患者数が多くなっています。

RS・ウイルス感染症の流行は、例年、12月頃にピークを迎えることから、患者数は、今後さらに増えるとみられています。

乳幼児」、「高齢者」が感染すると、重症化するおそれがある。

手洗い」や「マスク」など、インフルエンザと同様の対策をして下さい

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

「RS・ウイルス感染症」が増加 2013年10月15日 への1件のフィードバック

  1. 「RS・ウイルス感染症」が増加 2013年10月15日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中