テレビ出荷が2年2か月ぶりに増加 2013年10月22日

**
※- テレビ出荷が2年2か月ぶりに増加 2013年10月22日

10月22日、先月(9月)、出荷された薄型テレビの台数が、前の年の同じ月の実績を2年2か月ぶりに上回った。

電子情報技術産業協会」によると、先月、国内で出荷された薄型テレビの台数は、48万7000台で前の年の同じ月に比べ14.2%増加した。

薄型テレビの出荷台数が前の年の同じ月の実績を上回るのは、おととし7月以来、2年2か月ぶり。

業界団体では、10年前に東京、大阪、名古屋で始まった地上デジタル放送に対応したテレビを中心に買い替えが進んでいることが主な要因ではないかとしています。

薄型テレビが地上デジタル放送への完全移行に伴う買い替え需要が一段落した事で、2013年01月には、統計を取り始めてから最も少ない33万台まで減少していた。

業界団体は、消費の持ち直しの動きもあり、テレビの出荷台数は今後、増加傾向が続くと分析しています。

大手電機メーカーは、今後の買い替え需要を見込んで、現在のハイビジョンより画質が鮮明な「4K」テレビの販売も強化している

**
4K UHD-TV は、ITUが定めた規格で「フル・ハイビジョン
1080i)」のちょうど4倍の画素数の映像

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

テレビ出荷が2年2か月ぶりに増加 2013年10月22日 への1件のフィードバック

  1. テレビ出荷が2年2か月ぶりに増加 2013年10月22日
    大手電機メーカーは、今後の買い替え需要を見込んで、現在のハイビジョンより画質が鮮明な「4K」テレビの販売も強化している

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中