無線ラン利用者のIDを盗む 2013年10月27日

**
※- 無線ラン利用者のIDを盗む 2013年10月27日

10月27日、無線ラン利用者がインターネットに接続する際に、IDやパスワードが盗まれる報告があった。

銀行やゲーム会社などへのサイバー攻撃に悪用された被害など、今年に入って150件以上も確認されている。

無線LANなどを利用するための機器の欠陥が悪用されたとみられ、「インターネット・プロバイダー各社」が注意喚起をしています。

家庭からインターネットを利用する際は、通常、プロバイダーと契約して接続しますが、その時に利用するIDとパスワードが盗まれるケースが相次いでいます。

盗まれたIDはサイバー攻撃に悪用されていて、プロバイダー事業を行うNTTコミュニケーションズの調査では、今年4月から10月までに、少なくとも158件起きていた。

攻撃の対象となったのは、オンラインバンキングやゲーム会社など20社以上のサイトで、何者かが発信元を分からなくするため、盗んだ他人のIDを利用したとみられています。

このIDが盗まれた原因のほとんどは、無線LANなどを使用するためのルーターという接続機器に搭載されたソフトウエアの欠陥です。

ルーターは通常、家庭のパソコンからしか操作できませんが、一部の機器に、外部からアクセスできる欠陥があり、ネット接続のIDなどが盗まれている。

プロバイダー会社や業界団体で調査を進めています。

NTTコミュニケーションズでは、問題のある機器を使っている、およそ4600人の顧客に、注意を呼びかけています。

現在のところ、IDなどが盗まれた接続機器の大半は、東京の「ロジテック社」が平成21年8月から去年11月まで販売した「無線LAN・ブロードバンドルーター」製品で合わせて、およそ30万台が売られています

*-*

広告
カテゴリー: 12-コンピュータとインターネット パーマリンク

無線ラン利用者のIDを盗む 2013年10月27日 への1件のフィードバック

  1. 無線ラン利用者のIDを盗む 2013年10月27日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中