アジアと欧州を結ぶ海底トンネル開通・トルコ 2013年10月29日

**
※- アジアと欧州を結ぶ海底トンネル開通・トルコ 2013年10月29日

10月29日、欧州とアジアの架け橋、両大陸を結ぶ初の海底トンネルが開通しました。

トルコのエルドアン首相、日本からは安倍首相も出席して開通式が行われた。

**
トンネルの全長=13.6キロ、欧州とアジアを隔てるボスポラス海峡の海底を走る。

76キロの鉄道整備プロジェクト「マルマライ」一環として、2004年にトルコと日本の合弁で建設に着工した。

マルマライ」は大陸間の内海マルマラ海の名に、トルコ語で鉄道を意味する「ライ」を組み合わせた名称。

エルドアン首相は開通式で、「マルマライは人と国と大陸を結び付けると同時に、過去と未来を結び付ける」と演説した。

トルコはこの日、90年目の建国記念日を迎えた。

マルマライは、オスマン帝国時代の皇帝が100年以上前に描いた夢を現実にするプロジェクト。

トルコの経済中心地イスタンブールでは、約200万人が日常的に大陸間を行き来する。

新しい鉄道は、1日に150万人を運ぶことが出来て、両大陸間を約4分で結ぶ

海底トンネル建設の過程では、遺跡など4万点あまりが発掘され、イスタンブールが8500年前にさかのぼる歴史を持つことも分かった。

ただ、発掘調査のためにプロジェクトの完成は4年ずれ込んだ。

トルコは地震国でもあり、運輸相によれば、トンネルはマグニチュード9.0の地震にも耐えられる設計になっているという

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

アジアと欧州を結ぶ海底トンネル開通・トルコ 2013年10月29日 への1件のフィードバック

  1. アジアと欧州を結ぶ海底トンネル開通・トルコ 2013年10月29日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中