2月にロシアに隕石が落下した、その時速=6.9万キロ 2013年11月07日

**
※- 2月にロシアに隕石が落下した、その時速=6.9万キロ 2013年11月07日

20131107-rosia_inseki

今年(2013年02月15日)、直径17mの小惑星が地球の大気圏に突入した。

この隕石は、ロシア南部チェリャビンスク周辺に落下しましたが、最大で秒速19・1キロ(時速6万8760キロ)という超高速に達していたなどとする詳細な分析結果が発表された。

11月07日、三つの国際研究チームが米科学誌サイエンスや英科学誌ネイチャーにそれぞれ発表した。
速さは音速(秒速=340メートル)の56倍・・・とか。

日本の探査機「はやぶさ」が地球に試料を持ち帰った小惑星「イトカワ」と化学組成が同じことも分かり、火星と木星の間の軌道を回る小惑星が起源とみられるという

*-*

カテゴリー: 13- website - パーマリンク

2月にロシアに隕石が落下した、その時速=6.9万キロ 2013年11月07日 への1件のフィードバック

  1. 2月にロシアに隕石が落下した、その時速=6.9万キロ 2013年11月07日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中