卵子凍結保存で学会がガイドライン 2013年11月16日

**
※- 卵子凍結保存で学会がガイドライン 2013年11月16日

11月16日、NHK website ー: 不妊治療をする夫婦などに限るべきだとされていた卵子の凍結保存について、日本生殖医学会は健康な独身女性にも認めるガイドラインを正式に決めました。

**
卵子の凍結保存については、関連する学会が、不妊治療をする夫婦と、がんの治療で卵子に影響を受けるおそれのある患者などに限るとしてきました。

日本生殖医学会は凍結保存への関心が高まっていることなどを受け、新たなガイドラインを検討していた。

15日開かれた総会で正式に決まったガイドラインでは、健康な独身女性にも卵子の凍結保存を認めるとした。

その上で、40歳以上の卵子の凍結保存や45歳以上の凍結卵子を使った不妊治療は推奨できないなどとしています。

また、実施する医療機関は、十分な説明のできる常勤の専門医がいることや安全で確実に保存できる設備があることなどとしています。

学会の理事長で慶応大学の吉村泰典教授は

「凍結した卵子を使って妊娠できる確率は10%前後であることなど正しい説明ができ、責任を持って保存できることが大切だ」と話しています

*-*

カテゴリー: 10-健康, 13- website - パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中