サンガー氏死去・2度のノーベル化学賞 2013年11月21日

**
※- サンガー氏死去・2度のノーベル化学賞 2013年11月21日

20131119-Frederick_Sanger
フレデリック・サンガー氏 ( 画像 ウィキペディア )

11月21日、website ー: イギリスの生化学者「フレデリック・サンガー氏」が19日に亡くなった、95歳でした。

タンパク質の構造」や「DNAの研究」で、ノーベル化学賞を2度受賞しています。

**
1918年にイギリスで生まれ、ケンブリッジ大学を卒業した。

タンパク質の研究に取り組み、糖尿病の治療に欠かせない「インスリンの構造」を解明したことで、1958年にノーベル化学賞を受賞しました。

その後は、DNAの研究に関心を移し、遺伝情報を読み解くために必要な「DNA・塩基配列」についての研究。

1980年、アメリカの研究者と共に再び「ノーベル化学賞」を受賞した。

ノーベル化学賞を2度受賞した研究者は、サンガー氏だけです。

イギリスにある「サンガー研究所」は、サンガー氏の功績をたたえて名前が付けられた。

報道によると、1983年に研究の一線から退いていた・・・とか。

65歳と年齢からすると若い時に、研究を離れています!

ノーベル賞を2つも受賞したからでしょうか?

*-*

広告
カテゴリー: 05-◎・Weblog, 13- website - パーマリンク

サンガー氏死去・2度のノーベル化学賞 2013年11月21日 への1件のフィードバック

  1. サンガー氏死去・2度のノーベル化学賞 2013年11月21日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中