「アイソンすい星」12月には肉眼でも 2013年11月25日

**
※-アイソンすい星12月には肉眼でも 2013年11月25日

20131125-aison-2 20131125-aison

11月25日、NHK webite ー: 11月末に太陽に最も接近する「アイソンすい星」は、日に日に明るさを増しています。

来月上旬には肉眼でも見える大すい星になるという期待が高まっている。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131123/k10013289421000.html

**
「アイソンすい星」は、去年9月にロシアなどの観測チームによって発見された1度だけ太陽に近づくすい星です。

現在、太陽までおよそ5000万キロの距離にあって、太陽に接近するにつれ、熱にさらされて、徐々に明るさを増しています。

最も接近する今月29日の午前4時ごろには、太陽の表面をかすめるように通過し、その際、マイナス6等星と、金星ほどの明るさになる可能性があります。

最接近の前後は太陽の光が邪魔になって、特殊な装置を使わなければ地上から観測することはできません。

太陽から離れる12月上旬には、夜明け前の東の空に、すい星が長い尾を伸ばす姿が日本からも肉眼で見られると期待されています。

この「アイソンすい星」についてNHKの取材班は、日本各地で1か月にわたる撮影を行い、明るさや尾の変化を映像に収めてきました。

すい星に大きな変化が見られたのは、今月14日に千葉県内で撮影したときでした。

すい星が急速に明るくなり始めたのです。

国立天文台によりますと、この前日にすい星の中心部からガスが一気に噴き出す「アウトバースト」という現象が起きたということで、映像には、このガスが緑色に輝く様子が鮮明に映し出されています。

また、その2日後、今月16日の静岡県内での映像では、すい星の明るさが一気におよそ6倍になり、長い尾がくっきりと映し出されました。

「アイソンすい星」は、その後も明るさを増していて、11月20日、富士山の上に現れたすい星を撮影した際は、肉眼でも観測することができました。

これらの映像について国立天文台の縣秀彦准教授は「日に日に明るくなっていく様子が分かり、誰もが見られる大すい星になる可能性がある。

ただし、太陽に最接近する今月29日前後は、すい星が見えないだけでなく、目を痛めるおそれがあるため、太陽との距離が離れる12月04日以降夜明け前の東の空を眺めてみてほしい」と話しています

*-*

広告
カテゴリー: 13- website - パーマリンク

「アイソンすい星」12月には肉眼でも 2013年11月25日 への1件のフィードバック

  1. 「アイソンすい星」12月には肉眼でも 2013年11月25日
    http://blog.goo.ne.jp/spiritualpeace/e/48077693ddcf52c399bc561109ef5914
    *-*

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中