参院選無効判決・国会対応を批判 2013年11月28日

**
※- 参院選無効判決国会対応を批判 2013年11月28日

11月28日、NHK website -: 今年7月の参議院選挙で、選挙区ごとの1票の価値に最大で=4.77倍の格差があった。

広島高等裁判所・岡山支部は、「憲法に違反し無効だ」と判断し、参議院選挙では初めて選挙区の選挙を無効とする判決を言い渡しました。

判決では「選挙制度の改革に真摯(しんし)に取り組んでいたというには大きな疑問が残る」と国会の対応を批判し、抜本的な制度改革の必要性を強調ています。

選挙区ごとの1票の価値に最大で=4.77倍の格差があり、2つの弁護士グループが47都道府県、全ての選挙区で選挙の無効を求める訴えを全国の高等裁判所と高裁支部に起こしています。

この内、岡山選挙区を対象にした裁判で、広島高等裁判所・岡山支部の片野悟好・裁判長は「投票価値の平等は国民主権の原理や法の下の平等の原則から、憲法の最も基本的な要請なのに、定数配分の不平等な状態は見過ごせないほどになっている」と指摘した。

そして、国会のこれまでの対応について「4年前の最高裁判決で選挙制度の抜本的な改革を求められ、その判決から今回の選挙までに3年9か月あったのに、議員定数を『4増4減』するにとどまった。

国会が真摯(しんし)に取り組んでいたというには大きな疑問が残る」と批判し「今後、抜本的な見直しが実現するかどうかもはなはだ不透明だ」と指摘しました。

その上で「国会が投票価値の著しい不平等状態を是正しなかったことは憲法に違反し、今回の選挙の定数配分の規定は無効だ」と判断し、岡山選挙区の選挙を無効とする判決を言い渡しました。

参議院選挙を無効とする判決は初めてです。

選挙管理委員会側が上告すれば裁判が続くため、今回の判決で直ちに選挙が無効になるわけではなく、判決が確定した場合に無効となった選挙区では議員が失職し、やり直しの選挙が行われることになります。

7月の参議院選挙の1票の格差については、来月(12月)26日までに、全国14の高等裁判所判決が言い渡されます

*-*

カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

参院選無効判決・国会対応を批判 2013年11月28日 への1件のフィードバック

  1. 参院選無効判決・国会対応を批判 2013年11月28日
    http://blog.goo.ne.jp/spiritualpeace/e/37f26b2866a5b99b3bdbe46cebcac0c5
    *-*

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中