「特定秘密保護法」は国際的基準を大きく下回る 2013年12月07日

**
※-特定秘密保護法は国際的基準を大きく下回る 2013年12月07日

12月07日、「特定秘密保護法」は、秘密保護法制の国際的なガイドラインの作成に関わってきたアメリカの財団が声明を出した。

「知る権利を厳しく規制するもので、日本にとって後退となる」として深い懸念を示した。

**
声明を出したのは、秘密保護法制に関する国際的なガイドラインツワネ原則」の作成に携わった「オープン・ソサイエティ」財団で、アメリカの元政府高官のモートン・ハルペリン氏が上級顧問を務めています。

特定秘密保護法案」が可決・成立が、「法案は国家の安全保障に対する知る権利を厳しく規制するもので、秘密保護法制に関する国際的な基準を大きく下回っている」と批判しました。

さらに「過度な秘密の保護で、政府が適切に説明責任を果たさなくなるおそれがあり、日本にとって後退となる」として法案成立に対して「深い懸念」を示した。

声明には、ハルペリン氏も発言を寄せ、「法案は21世紀の民主国家が考えたなかでも最も悪い部類に入るものだ。市民や海外の専門家から十分な意見聴取をせずに制定が進んでいる、その速さについても懸念がある」と述べています

*-*

広告
カテゴリー: 04-◎・政治・経済, 13- website - パーマリンク

「特定秘密保護法」は国際的基準を大きく下回る 2013年12月07日 への1件のフィードバック

  1. 「特定秘密保護法」は、国際的基準を大きく下回る 2013年12月07日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中